あさっての方向から。

 歳だなぁ~と思う瞬間がある。それは、想定外のことや予期せぬ非常事態があまり起こらないこと。痛い目に会わないかわりに突然のサプライズも極端に減ったことだ。これも情報化社会の良い面と悪い面で、いつも想定内のことしか起こらない。軽率な「チョンボ」や「イージーミス」は元々原因が100%私にあるので比較的致命傷にはなりにくいし、仮に力不足が原因で失敗を招いてもなんとかなってしまうのがこの傾向をさらに促進している。これを「安定」「均衡」と呼ぶこともできるのでしょうが、それはそれで退屈してしまう。つまり、適度な刺激と適度な満足感が欲しいのだが、このバランスが非常に難しい。「そこそこ」「ボチボチ」「まずまず」というニュアンスが嬉しくもあり苦しくもある。

 どこからともなく凶悪な敵が現れ、どこからともなく無敵のヒーローが倒してくれる。そんなドラマチックな状況を心のどこかで求めてる感覚。そんなことは映画や小説の中だけのお話で、現実に生死に関係するような事態は非常に困る。しかし、だから、誰もがそんな状況を疑似体験できることを渇望しているのです。勿論、私もなのです。そういう想いを自分で物語にしたら少しはこのモヤモヤが晴れるかもしれないと期待しつつ、自分の中の「最大の敵」とはなんだろう?そして、「永遠のヒーロー」ってなんだろうなどと考えています。

 最近の映画は完全懲悪路線が緩み、善意と悪意が混沌としている。「ダークヒーロー」などという言葉が横行して久しいほどだ。一見、悪っぽいタイプが善行したり、どう見てもエリートヒーロータイプが影で悪行に手を染めていたり。だって、スーパーマンとバットマンが戦ってしまうわけですから、そりゃ、エイリアンとプレデーターだって戦うわけです。例えば、ゴジラ。誰もゴジラの真意は分からないが、ビルを壊しながらも凶悪・巨大な人類の敵と戦ってくれるゴジラ。それはゴジラの勝手気ままな本能のはずが、いつしか海に帰っていく頃には人類のヒーローになっている。ここに善意とか悪意はなく、ただただ、生物の本能のみが事象となり物語となる。「老人と海」である。

 レクターがハンス・グルーバーがジョーカーが巨人がゾンビが純粋で完全無欠の悪ならば誰も肯定することなく受け入れないし、物語として成立しないわけで、ダースベーダーさえ共感してしまう、人間の本質が実はもっともこの世の中で「悪」であったりする。誠に突き詰めていくと「光と影」の関係を描くのは難しい。

 ある場面では「善(光)」なのに、別の場面では「悪(影)」がにやけているからだ。そのスイッチングがいまだこの年齢になっていもままならない。優れた物語を生み出してきた古今東西のクリエイターってほんとにこの苦悩を完璧に乗り越えて、自分の中の善も悪も制御・操作・支配できたんでしょうね。でなければ、「アトム」は生まれないのだから。

無限の住人。

mugen_gazo_160828.jpg

 いやいや、この世の中、知らないことが多すぎる。むしろ、知っていることが少な過ぎる。

 以前、あるセミナーでインストの方がこんなテストをされました。セミナー参加者には円を描いた用紙が配られ、「世の中にあるすべての情報がその円だとしたら、皆さんが得ている情報(知識)はどれぐらいだと思いますか?その割合をその円グラフに記入してください。」というテスト。

 私は迷うことなく円の中心に向かって一本のラインを引いた。これでも僭越だと思いつつ控えめに。

 しかし、セミナー参加者の中にはその円グラフの50%ぐらいまで塗りつぶしている人がいるのを発見してびっくりした。中には「円グラフ」自体を理解していないのか、円の上(内側)の部分を15%ほど水平に仕切る人もいる。恐らくこの人は「円グラフ」という知識が上部15%に入っていないのだ。

 さて、インストの方は皆様が自分の知識をどう捉えるかで、思考や行動に大きな作用・影響があります。私もこのテストをいろいろな会場で、「つかみ」として行っていますが、さすがに円を全部塗りつぶした人には出会っていませんが、そこの50%の方は「なかなか」ですねと。失笑しておられました。

 このテスト、正解はないのだから、失笑の意味はだいたい予想できるものの、世の中の情報に対する自分自身の捉え方で、その人の「世界観」が推測できるというアプローチだった。

 さて、「無限の住人」という作品を私は数日前まで知らなかった。ネットで検索していけば、かなりの相当の作品である。ひとつのブームにもなって、実写映画も決まったらしい。知らなかった。

 現代は情報社会だと言われている。知らないことはインターネットの中にすべてあると言われているが、ほんとにそうだろうか。これも推測だが、世の中の古今東西の出来事がすべてインターネットの中に情報として存在するためには、人間は「無限の力」を手に入れなければならないはず。しかし、人間が不老不死の能力を手に入れた状況で、さて、「情報」には価値があるのか?となる。「知らないことがある」という認識が「情報」を有効化するのであって、誰もが迷わず円グラフを塗りつぶすような時代が来れば、「情報」や「知識」は価値を失うのかもしれない。

 これは正に「ウルヴァリンの苦悩」である。死ぬから生に価値が生まれるのだ。

 明日、「無限の住人」の第1巻が到着する。楽しみである。

少年。

works_160826.jpg

 やはり、物語をつくる場合、「少年ありき」なのだ。

 50歳を過ぎると自分の理屈が強すぎて、それを個性だと勘違いし、振りほどくのがとても難しい。

 いろいろな理屈を削ぎ落としていくと、そこには必ず「少年」がいるのだと最近考えています。

ルノアール

tokyo_160820.jpg

 人間は忘れる生き物である。

 記憶には2種類あって、決して忘れることがない記憶と自然消滅してしまう記憶がある。何かの基準でこの2種類を分けているのだろうが、未だにその基準は分からない。

 この日、僕の肉眼で見たルノアールの絵画作品の記憶は、間違いなく一生忘れることのない記憶の箱の中に入った。自分でご飯をまともに食べられなくなったとしても、自分の名前が分からなくなったとしても、この記憶だけは消えないような気がしています。

 展示会を見終えた感想のほとんどは言葉はできないが、唯一、言葉にできる感想があるとしたら、ほんの少しだけルノアールの肉眼の内側に入り込めたような気がしました。

伊吹山山頂。

kakunin160814.jpg

 昨日の伊吹山山頂はガスっていて、時折小雨がパラつきました。登り3時間、下り2時間の行程でした。

 早朝、車で出発してから、伊吹山の山頂付近がガスっていたのでレインギアをとりに戻ったのは正解でした。しかし、真夏の伊吹山、山麓から6合目付近までは汗が噴出し続けます。特に5合目あたりからは木陰がなくなるのでキツかった。しかし、すれ違う人の中には、スポーティーな軽装で登山道を軽快に走りすぎていく(登りも下りも)人に出会います。そんな人を見送る時、私のレベルはけっこう下なんだと痛感します。痛感しますが、それをどうにかして軽快に山頂まで走れるようになりたいとは思っていなので、一歩一歩、登りと下りのワンステップワンステップを確認しながらの楽しい5時間でした。

 いつものことながら、伊吹山の山麓に流れる雪解け水は凍るように冷たい。

スタート地点。

kakunin160712.jpg

 これが一番最初のスタート地点。つまり、ここからボルダリング再スタートなのである。

 2年前、練習のし過ぎで右肩の健が伸びた。治療と毎日のストレッチで半年ほどで復活したが、それ以来、身体のストレッチや下半身のスクワットトレーニングなどは欠かしていないが、両手はぶら下がる程度のストレッチ中心で握力はほぼボトム。そんな状態で初級の課題に挑戦したが、当然、指は身体を支えられない。なんとか初級コースの課題にチャレンジしゴールしたが、30分ほどで両手の握力が見事になくなった。

 う~ん、なさけないなさけない。

 しかし、この実感(自分の実力)を確認ことができたので、ここからまたスタートしたいと思っています。このボルダーはそのスタート地点なのである。

大野ダムで空撮。

kakunin160811.jpg

 大野ダムで空撮をしてきました。この日(8月7日)は美山町主催の大野ダムのバスフィッシング大会でした。

 スタート直前(午前7時前頃)の大野ダムの空撮風景です。これは映像からの切り抜いた静止画です。さらに高い位置からの空撮映像も撮影したのですが、初の水上水面撮影だったのドキドキしました。

 皆様がスタートした後、私も大会に少し遅れて参戦しましたが、釣果は31名中22位でした。午前9時頃を過ぎると太陽全開で、暑さで頭がクラクラしましたが、できるだけ日陰のボートポジションで無理をせず、規定の3匹を無事釣り上げることができました。

 次は下流から上流までの飛行映像を撮影したいと思っていますが、そうなると長時間飛行する必要があります。陸からの離陸ではなく、ボートからの離陸に挑戦する必要がありますから、さらにテクを磨く必要があります。琵琶湖湖上や山岳ゾーンでも飛ばしたいので、やはり最後はフライトテクを高めなければ、なのです。

DELL NOTE

dell_newxps_gazo.jpg

 久しぶりにノートが必要になってきました。

 タブレットでも良いのですがやはりアプリよりもソフトが欲しい。このDELLのノートは以前のモデルと比較して薄さも魅力的である。当然、ノートとしてのスペックも普通に高くなっていることでしょう。ただ、OSがWIN10なのがネックなのだが、そろそろ10も使っておく必要があるだろうし、タイミング的にはそろそろいいかなと考えています。

 従来のシルバータイプではなく、ゴールドってのも刺激的・魅力的です。

涼の中。

choppu_gazo_160804.jpg

 暑い夏 老犬まったり 涼の中

上空5mからの自撮り。

kakunin160731.jpg

 上空5mあたりからの自撮り撮影です。風速は地上で3~3.5m。しかし、5m上には別の風が吹いているので、推測ですが風速4~4.5mはあるはず。さらに高度を上げるとGPS機能と衛星6機以上の信号を受けホバリングしているとはいえ、結構、機体はフラフラ状態です。そこで重要なのが目視と操縦テク。機体を進行方向に対して180度回転し、さらにカメラの角度を45度に傾けて撮影したのがこの自撮りです。映像からのキャプチャーなので自由に切り取れますが、フル広角モードなので上下左右が歪んでいます。またまだ、欲しい絵には程遠い。これらの状況判断を繰り返し、操縦テクで機体を制御しつつ写真や映像の構図を決める必要があるのです。いやいや、なかなか、まだまだ、充分なテクを習得するには長い道のりです。しかし、この道、とても楽しいです。次は勇気を出して湖面に出たいと思っています。

 いつか必ず映画のファーストシーンやラストシーンのような、迫力のある空撮映像が撮影できれば、当然、このブログで紹介します。「レオン」ファーストシーンのような、「ブレードランナー」のラストシーンのような。