万次さん。

 非常に迷ったのですが、原作を愛読しているファンとして、例え、世の中の評価が良くなかったとしても、この作品は観ておく必要性を感じ、心して映画「無限の住人」を観た。

 ほぼ、ネットに書かれている評価通りで、見終わって心が震えるような作品ではなかった。ある程度、予測・想定・覚悟していただけに、意外とニュートラルな心持ちで最後まで観ることができた。

 では、何故、原作のような感動や衝撃が映画にはなかったのか?配役や場面、セリフのやりとり、シーンのディテールなど、言い出したら止まらないぐらいの別物だった以上に、致命的なポイントが3つあることに気がついた。漫画原作のファンならこの3つのポイントは頷けるだろうが、映画を観ただけなら比較できないのでピンと来ないかもしれない。

 全ての登場人物に原作との違和感があり過ぎて、いかに原作がつくりあげた存在感が凄まじく秀逸だったかを改めて認識しながらも、何より、ポイントは「万次さん」である。背中の「万次」という文字のこと、隻眼の特殊メイクの処理品質、身長と体格、刀の構え方・打ち方などなどは言うまでもなく、原作の万次さんが絶対しないことを映画の万次さんは平気でやっていた。

 一つ目、万次さんは山道を走らない。

 二つ目、舌打ちはしない。

 三つ目、血栓虫にしゃべりかけない。

 この主人公の設定は監督が決めたのか、演出家が決めたのか、主役本人が決めたのか一般人には知る術はないが、原作を読み込んでいるのなら、この3つは絶対やってはいけないことだ。何故なら、これをやってしまうと万次さんではなくなるからだ。物語の進行上、致し方なかったのだろうが、それでも、移動の表現なら、カット割りで編集できるだろうし、セリフ回しも「舌打ち」を除くことはできる。さらに、「血栓虫」にしゃべりかけるってことは、それ自体に意味が生まれる。例え心の声だったとしても、セリフとして言葉として外に出てしまうと別の意味が生まれるのです。これら3つの判断ミスで、映画の中の万次さんは、原作の万次さんとは別物になってしまっている。日本の最高チームが映画製作に取り組んでいるはずなのに、肝心要の「万次さん像」が原作から継承できていないように感じた。非常に残念である。

 ハリウッドでワンピースが映画化されるらしいが、恐らくこちらも原作とは別物になるだろう。漫画が映画になるとき、かならずこのような不具合が生じる。この場合、不具合ではなく、興行作品として必要な要素であり改造ポイントなのかなとも捉えているが、それでも、原作を越えることはない。だから、実写版の映画作品を観る時は「絶対に越えないモノ」という覚悟が必要。

 現代では、漫画作品がテレビアニメ化・映画化・小説化されたりするのは一般的な流れになっているが、この流れが逆流することはなく、テレビアニメ・実写映画・小説が「後始末」「消化試合」のような状態・状況になっているのは、それぞれテレビ関係者・映画関係者・作家さんたちは容認しているのだろうか?それとも、この流れを逆行きできない差し迫った大きな理由が何かあるのだろうか。

 漫画作家のイマジネーションに俳優を割り当て、物語を再構築し、映像化することで、何故、ここまで全体的な存在感が劣化していまうのだろう。恐らく、監督や製作が真のファンではないから、演じる役者達が漫画作品を理屈で捉え、仕事として捉え、取り組んでいる以上、漫画作品を越える映画物語は生まれないのだろう。むしろ、それほどまでに「漫画」という表現方法は他に類を見ない孤高の表現手法なのだとなる。

 子どもの頃からそんな秀逸な漫画作品を身近に感じながら、リアルタイムで過ごせたことを今更ながらこの年齢になり本当に幸運だったと感じている。

 つまり、漫画作品の最大の魅力は「誰とも共有する必要がない」からなのだろう。それを、劇場で多くの人に観せるためにとか、広告(視聴率)ありきのテレビで楽しませようって理由がある以上、原作の「光っている部分」を失っても理論・理屈をカタチとして残さなければならないのだ。この流れに無理があるのだから当然といえば当然だ。

「チャヴ」への賞賛。

51DQhF75yLL._SX350_BO1%2C204%2C203%2C200_.jpg

 なんと素晴らしい賞賛の数々。アマゾンのレビューから抜粋しました。日本ではこのタイプの書籍の翻訳が遅いのは何故だろう?この国がどう体裁を繕おうが、メディアでどんな美辞麗句で辻褄を合わせようが、結局、本質的な鎖国は続いているんだとしたらヤバイですね。未だに・・・ということがそこかしこで継続・継承されているんです。

 こちらが世界各紙の賞賛評価です。
 ↓

「怒りが生んだ、最高の本」
──ガーディアン紙

最高の論争がみなそうであるように、知性に裏打ちされた怒りが本書を支えている。
──エコノミスト誌

暴動や世界中に広がったオキュパイ運動に照らして考えると、
分断社会に関する著者の鋭い分析は、
不気味なほど未来を予知していたことがわかる。
──アートフォーラム誌

情熱と、思いやりと、すぐれた道徳性が結実した仕事だ。
──ニューヨーク・タイムズ紙

政治の定説を見直す大胆な試み。著者は戦後のイギリス史を縦横無尽に往き来し、
階級、文化、アイデンティティといった複雑な問題を軽々とまとめてみせ、
結果として「階級」問題に火をつけ、大きな効果をあげている。
──インディペンデント紙

いまの制度が貧しい人々を見捨てていることに対する苛烈な警告──それが本書だ。
──ブログサイト「デイリー・ビースト」

ジョーンズは、「地の塩」だった労働者階級が政治のせいで
「地のクズ」と見なされるようになった経緯を見事に説明している。
──タイムズ紙

この本は、新しいタイプの階級嫌悪と、
その裏にあるものを痛烈にあばいて見せてくれる。
──ジョン・ケアリー(The Intellectuals and the Masses著者)

これは「イギリスはおおむね階級のない社会である」という考え方への、
論理的で情報満載の大反撃だ。
──オブザーバー紙

情熱的で示唆に富む……この声が届くことを心から願う。
──スコットランド・オン・サンデー紙

ブレードランナー2049

 28日土曜日、「ブレードランナー2049」を観てきました。

 僕が最初に「ブレードランナー」を観たのはかれこれ30年前、池袋の単館レイトショーだった。上司に連れられての初「ブレードランナー」だった。その衝撃の日からひとりでその映画館に3回通った。正直、映画に対する捉え方が大きく変わった。何がどう変わったのか?この部分、なかなか言葉にできない。すでに、世界中の多くのファンがそれについて多くの言葉を残し、いずれも共感した上で、僕には僕の「ブレードランナー観」があったからだ。この気持ち、未だに適正な言葉にすることはできないままだ。そして、「ブレードランナー2049」。「30年間」という時間の経過は大きな区切りでなのである。この映画製作に関わった多くのクリエイターにとっても、この映画を愛する多くのファンにとっても、「30年間」は大きな意味があり区切りだったのだ。僕の場合、それは23歳から53歳までの時間経過に過ぎないが、それと同じ時間がこの映画を愛するすべてのヒト達にも同時に流れていたということ。それが、映画館で「ブレードランナー2049」を観たことで完全にシンクロしたのだ。まず、その歓喜が優先してしまい、正直、まだ、映画本体に気持ちが入れていない状態である。あと、2回は映画館に通えば、映画の本質が少しだけ頭に体に心に入ってくるような気がする。

 公開日2日目、小さい劇場だったが、観客は僕を入れて6名。恐らく、同じことをそれぞれの個性で観点で捉えていたのだろう。

 そして、映画「メッセージ」からの「ブレードランナー2049」。なんとも贅沢なバトンである。

本日公開。

blade-runner-2049_02.jpg

 本日、映画「ブレードランナー2049」が公開。朝からソワソワしてしまいます。

騎士団長殺し

 「騎士団長殺し」を昨晩、読み終えた。

 個人的に曖昧だが明確なある理由があり「1Q84」はスルーしている。だから、「ノルウェイの森」以来となる村上春樹作品である。書籍を購入したわけではなく、ある方からお借りして読んだ。ある方から「主人公がスギノさんにどことなく…」という、なんとも意味深な言葉を頂き、触発・刺激され、村上作品に意を決しダイブした。しかし、私自身は村上春樹さんの作品がとても苦手なジャンルで、読んでいる状態では誠実な気持ちなのだが、読後感がなんともよろしくない。いろいろなこの書籍に対する評価や批評を読むと、「読み手次第」という評価が多い。元より書籍というは著者・作者の意図よりも読み手のイマジネーションで価値が決まるとも言えなくないので、その評価はある意味では正しい。恐らく、主人公が画家でなければ、そして、誰かから勧められなければ、村上春樹さんの作品を読むことはないので、新鮮な気持ちで読んだ。

 さて、やはり、読後感はよろしくあらない。

 しばらく、この感覚を整理してみようと思っています。

「B.R.2049」明日公開。

blade-runner-2049.jpg

 映画「ブレードランナー2049」が明日公開です。

 心の準備はできているものの、ソワソワしてしまいます。

DVD「ARRIVAL」

arrival_dvd_0001.jpg

 当然、賛否両論はあるものの、僕のこの映画に対する評価は「あらゆる映画作品の中で1番だ」である。まだ、わずか1回しか観ていないので軽率な評価かもしれないが、見終わってからずっと激しい動悸が続いた。今も同じソワソワしている。確かにSF映画として、テーマである「言語」の捉え方に対して、各分野の然るべき専門家達からは厳しい評価を得たらしいが、創っていない人間はなんでも言える。僕の動悸が激しくなったのは、僭越ながらこの映画を「創った人」に同期したいと、少しでも同じ観点でこの作品を捉えたい、全身全霊で共鳴したいと願ったからだ。何をどう想定し期待しようが僕がこのような映画作品を創れる機会はないだろう。しかし、この映画に興味を持ちDVDを買い観てしまった以上、例えその確率が限りなく0%に近いとしても、0%ではないと信じたい一人の映画ファンの憂いである。

 確かに映画「CONTACT」はこの映画と比較するに値するし、今、思い起こしても「CONTACT」のあらゆるシーンが頭の中に浮かぶ。また、来週公開される同監督の「ブレードランナー2049」の源泉である「ブレードランナー」も、引いては「2001年宇宙の旅」にしても、この映画と比較してしまうのが当然だが、それでもそれでも「ARRIVAL」は勝る。

 むしろ、「勝る」「劣る」などと比較することすら意味がないと感じている。

 念のため、原作を入手しようと思います。DVDを観るまでひかえていた原作だけに、改めて原作を神妙に辿ってみようと思います。言わば「解答事例集」のような感覚で。

 「ブレードランナー」という映画はある意味「境界線(ボーダーライン)」で、決定的に観るヒトを二分してる。向こう側にはブレードランナーを分からないヒトがいて、こちら側には無くてはならないヒトがいる。優劣や正誤や好みという比較ではない。中庸なゾーンとしてこちらとあちらが存在しているのだ。そして、その議論は理論や理屈ではどうすることもできない程の決定的な存在としての境界線なのだ。映画「ARRIVAL」を観て、改めて、僕は安堵している。今後、この映画がひとつの大きなボーダーラインになることだろう。

 正に、何かを二つに切り裂く「ブレード」のように。

これ何だろう?

arrival_img0001.jpg

 映画「メッセージ」のワンシーン。これ何だろう?

 DVDの到着が楽しみです。

40歳以上男性限定!?

 日本での公開に先駆けアメリカで「ブレードランナー2049」が公開されたが、興業成績はパッとしなかったらしい。

 また、日本での公開が10月末に迫っているが、恐らく「40歳以上の男性」限定になるだろうとネットで予想されている。僕もその通りだと思います。

 むしろ、この映画に反応する20歳代・30歳代がこの日本にいたとしたらそれは本物だ。何がどう本物なのか?残念ながらそれを言葉にすることはできない。「ブレードランナー」を感じることができない人間に言葉で共感を求めようなど言語道断。この映画、必ず映画館に行くが、どんよりした40歳以上の男性が静かに固唾を飲んで上映を待っている空気が想像できる。

 製作者は175億もかけたそうだが、恐らく、前の作品同様に35年かけて回収するつもりだろう。これが正しい映画のつくり方なのかもしれない。

Is it real intention?

 最近、テレビで政治家の声がうるさい。

 実しやかな弁を奮っているが、言葉が頭に入ってこない。

 あのポジションだと、どうしても理論理屈を先行させなければならないのだろう。もっと、感覚的に等身大の人間を出せば楽なのに、って、それはできない相談。因果な仕事です。早く、人工頭脳にそのポジションを託して、もっと生産的で建設的で人間らしい仕事をしたら、言葉の角が取れ、真意に向き合い清澄になれるのに。