新しい練りケシ。

works_170527.jpg

 数年ぶりに新しい「練りケシ」を買った。

 普段、絵を描く時は必ず鉛筆で下書きをする。普通のプラスチック消しゴムとこの練りケシを併用している。初めて練りケシを使ったのが大阪芸大に入学した一回生の時、最初のデッサン実習の時に初めて「練りケシ」の説明を聞き、そんな描画用のツールがあることを知る。しかし、それまで普通の消しゴムしか使っていなかった私はこの練りケシのメリットが全く実感できなかった。「普通の消しゴムと比べてあまり消えないなぁ~」レベルの実感だった。

 その知識レベルでよく大阪芸術大学の美術学科に入学できたものだと今でもその無知ぶりを考えると冷や汗が出てくるが、この練りケシの万能さは完全に普通のプラスチック消しゴムを凌駕する。ノートに鉛筆で書いた文字を消すだけならプラケシでいいのだが、この練りケシこそが鉛筆で絵を描く際になくてはならないマストツールなのだ。

 その万能さについては非常に多用なのでこのブログでは書けないし紹介は実際難しいが、とにかくペン画でもアクリルでもポスカラーでもカラーインクでも絵を描く場合、必ず鉛筆で下絵を描く。実際、タッチや陰影や立体感は画材で仕上げるが、その前に自分が描こうとしているモチーフを頭の中で再構築・確認するためにも鉛筆の下絵が重要な行程なのです。その際、プラケシではとにかく消え過ぎるのです。そんな万能マストツールの練りケシだから長年使っていると黒くなる。ちょっと薄い鉛筆ぐらい黒くなる。その濃さをグレイトーンで例えるとBL75%ぐらい。すると、鉛筆の炭素がしっかり練りケシの中に染み込み、消しているのか描いているのか分からなくなる。逆にそれぐらいが実はちょうど良い消し加減なので、練りケシのコンデションとしては良い状態なのだが、さすがに消そうとしている調子よりも黒くなるのはNG。だから、昨日、新しい練りケシを買いました。

木の人、人の木、気になる木。

ibukiyama_170527.jpg

 先日、伊吹山に登った際、下山中に発見した「木ギレ」。発見した時はなんとなく妙な印象で、ただただ、ほんとになんとなく拾ってきてしまった。山麓でいつも靴の泥を落とす神社の階段の脇の湧水が出ている場所で、木ギレの泥を落として車に放り込んだ。そのまま会社にしばらくおいていたが、数日して改めてその木ギレを立ててみるとその形が漢字の「人」に見えた。

 まぁ、それだけなのだが、その瞬間拾った時に感じたあのモヤモヤがスッキリしました。

星野源という男。

 星野源氏の第一印象は「マルチな才能があるイマドキの男」だった。その容姿や独特で特異な発言や妙に落ち着いた温和なモノゴシがイマドキなのだと捉えていた。コントを演じていてもなかなか個性的で演技も素晴らしい。最初は「歌手」「アーティスト」という印象だったので、「あれ、この男、こんなコントの世界観も持っているのか」と多才な男だと感じた。そして、テレビドラマ「逃げ恥」でのブレイク。なんとも個性的な役柄を見事に演じていたし、漫画原作の世界観を見事にテレビドラマとして消化しておられるなぁ~という印象。「ああ、新しいタイプの俳優さんだなぁ」という、というレベルまでの印象だった。新垣結衣さんとコンビで番組宣伝で登場されるケースでも、お似合いのカップル観が漂っていたし、俳優・歌手・タレントとほんとに多才な男だという印象(だけ!?)だった。

 しかし、娘が星野源氏の「初エッセイ」を買ってきたことでその印象が大きく変化する。まず、「文才もあるんだ」という印象からエッセイを借りて読むとこれがなかなかの良品。どんな内容のエッセイなのか?個性的な男だから何か独特の世界観があるだろうが、源さんの楽曲を聞いても、テレビ番組でコメントしている際でもいわゆる二枚目と三枚目の間のちょうど良い、いわゆるイマドキのトレンドな存在という印象だったが、初エッセイを読み終えた段階でその印象は完全に消えた。

 いやいや、なかなか、そこそこの曲者である。マイルドで好感の溢れる印象が続いていただけに、エッセイの内容はなかなかの「良い!?感じ」だった。強烈で巧みな文才を披露されたわけではなかったが、比較するモノではないが、又吉直樹氏の「火花」よりも私は良い感じだった。改めて「星野源という男」をもっと知りたくなりました。その感じはこのブログでは書かないので、ぜひ、書店でお買い求めください。エッセイのタイトルは「くそして生活はつづく」、いや、「そして生活はつづく」である。

 今後、執筆作品があれば必ずチェックしたいひとりです。

落ち着く壁紙。

kabegami_0001.jpg

 映画の公開情報を知ってから検索して入手した壁紙。仕事用のメインマシンのモニターに貼り込んでいます。この壁紙、とことん気持ちが落ち着きます。

1週間前。

gogh_works_0001.jpg

 ゴッホが自殺する1週間前に描いた作品だそうです。

 多くの偉大な作品を残した画家達。やはり、気になり多くの本で彼らの人生を知る度に、絵に人生を捧げるということがどれだけ大きな覚悟が必要なのかを実感します。決して決して画家の人生は華やかで煌びやかではなく、失意と憎悪と嫌悪に犯され、最後は寿命を待たない事例も多いのです。普通の感覚であれば想像・理解できない世界が画家の心の中には確かに存在していたのだ思います。

大好きなシーン。

works_170521.jpg

 「無限の住人全30巻」、全てのシーンが好きです。沙村さんのペン筋一本一本に物語への熱く深い気持ちが込められているのだろうと、ディープなファンのひとりとして妄想しています。

 中でも好きなシーンを描いてみました。登場人物全て大好きですが、やはり一番は「吉乃瞳阿(よしの どうあ)ちゃん」。強く可愛過ぎるそのふるまいに、ああ、実写映画に登場しなくて良かった・・・と不思議な安堵を感じていました。

 しかし、ページを模写するといろいろなことに気づきます。ただ物語を見ているだけ読んでいるだけでは実感できないことが多いです。手紙の筆文字も鉛筆の下書きだけで細い習字用の筆で描き(書き)ましたが、当然、原本の忠実な複写はできませんでした。ゆえに、この原画を沙村さんが描いた時の筆を持つ手の感覚の「鋭さ」「巧さ」「軽快さ」「集中力の高さ」を実感するわけです。現在、安価な画用紙に描いていますが、本番の原稿用紙に描くとまた仕上がりもよりシビアになりますから、少しずつ手の感覚を高めて本番に臨みたいと思っています。頭で考えているイメージと実際、自分の手の動きはなかなか連携してくれません。日頃のコンディションづくりがとても大切だと思います。まして、素人の仕事ですから、準備だけは十二分にしたいです。

エクシブ琵琶湖様にて。

exiv_170520_01.jpg

 昨日はエクシブ琵琶湖様に夏原グループ様の「夏原会長の米寿を祝う会」のビデオ撮影に行ってきました。1ヶ月前に取材させていただいた映像と会長の幼少時代からのお写真を組み合わせた記念映像2本の撮影・制作をこの日に向け仕上げ、この日は準備段階からオヒラキまでの映像撮影担当です。夏原会長、自らが語られた波乱万丈の人生を10分2本の映像にまとめる作業はかなり集中しましたが、ご来場された夏原グループ様の役員様約50名の拍手を頂き、最後方でビデオカメラを回しながらほっと安堵感に浸っていました。夏原グループの社長様を始め、式典映像の担当の皆様お疲れ様でした。とても良い機会を頂き心から感謝しています。

 夏原会長様の約2時間の取材映像を編集しながら、会長様のお言葉が今でも心に焼きついています。大きな企業を根底から支えてこられた会長様の大きさゆえの言葉。自分自身に置き換えて仕事に邁進したいと強く感じました。

 こちらは開演少し前の打ち合わせ風景。千穂さんも長丁場、ほんとにお疲れ様でした。

exiv_170520_02.jpg

 偶然にも、この映像を制作するためのエクシブ琵琶湖様での夏原会長様へのインタビューが私の53歳の誕生日だったということもあり、いつまでも心に残る印象的なお仕事のひとつになりました。

 式典の中でもインパクトのあったゾーンは、やはり、「ザ・ぼんち」様の漫才のひととき。「生おさむちゃん」を拝見しましたが、芸能人さん・タレントさんのポテンシャルの高さ・強さ・大きさをビシビシと感じてしました。しかし、何事もライブって良いです。モニター経由の情報はいかに表示技術が進化しデバイスの機能が高くなろうが、「ライブ」の迫力に比べると、4K・5Kどころか100Kでも足りないと思います。それほど人間の感覚は素晴らしい受信機能があるということです。

成功と偶然の関係。

 「成功する人は偶然を味方にする~運と成功の経済学~(ロバート・H・フランク著)」という書籍がある。
 
 「「努力と才能は報われる」という幻想」
 「才能があっても努力しても、運がなければ成功しない」
 「情報革命で「偶然」の力がますます強まった理由」
 「ポルシェからフェラーリに替えると、人は幸せになれるのか?」などなど、一見、興味が湧きそうなフレーズが広告の紙面にはちりばめられている。

 「成功」「才能と努力」「情報革命」あたりの語彙をチョイスしているだけでも、心の羅針が震えるが、さて、「成功と偶然の関係」を経済学でどう紐解いているのだろう?

 「成功」という語彙だけでも十人十色様々な解釈があり、感じるイメージも異なるし、「偶然」をテーマにした書籍の大前提として、すべて「結果論」になるため、成功者の事例を具体的に上げ、根拠や背景を説明した上で、それがいかに偶然だったかを感覚的に紐解けば、そこに何か発見があるのかもしれない。それを「必然」と解釈せず、「偶然」と解釈することは著者の自由だが、結局、経済学が切り口ならば当然、成功者の事例しか出てこないはず。読者も失敗を繰り返している人の話など聞きたくないだろうし、出版社がその姿勢・状態・事例を「売れる」とは判断しない。などと推測してしまいます。これすべて必然である。つまり、「成功」や「偶然」や「経済学」を文章にしている、できている状態が確実に「必然」の賜物なのだから、どこまで文章の力を借り、著者のポテンシャルをフル活用しようが、そもそも正確に「偶然」を文章で語れないはず。これが僕の解釈です。つまり、「運と成功の経済学」の裏に、「必然と失敗の真意」が潜んでいるはずなのだ。だって、「幸運」を意識するためには「不運」を実感していなければならないし、「成功」を意識するためには「失敗」を体験していなければ分からない。濾過する前の泥水があるはず。

 この本を購入して読んだら、そんな不可解なジレンマを感じることになりそうだと捉えた段階で、やはり、この切り口に興味があるのだとも感じている。文字づらは読めば理解できるが、連想が沸いたり過去に得た知識・知恵と結びつかなければただの快楽に終わる。読書の難しさはそれを知ること以上に、知るための気づくための準備・コンディションが整っているか否かなので、今のところ、この本は見送ろうと思っています。

Carabiner

Carabiner_170515.jpg

 最新のカナビナ。最高の素材、最新の設計構造と機能性、そして、美しいデザイン。良品を手にすると自然と理屈抜きにテンションが上がります。

瀧澤様見学会。

takizawasama_170514.jpg

 瀧澤材木店様の現場見学会2日目に行ってきました。静かな在所の中、余裕のある敷地に建つ本格的な「日本の家」の魅力が、ご来場された皆様の心にしっかり残ったことでしょう。

→瀧澤材木店WEBサイトはこちらです。