ITリテラシーの真髄。

 恐らく、SNSやメールなどのIT技術の仕組みは情報を発信するというタテマエの元、情報を受け取らないヒトに対して強制的に受け取らせるという本音が実装されているような気がします。電話なら出なければいいし、対面なら心を閉ざせばいいのだが、ITの仕組みを使っている以上、相手からの情報をどうしても受け取ってしまう。端末に情報が届いている警告が表示されるわけだから、それでも受け取らなければログインしなけれいいのだが、受け手の気持ちに関係なく情報が届いたサインが表示されてしまうわけです。誰からの情報なのかを認識した上で削除できますし、特定のアカウントを拒否することもできるが、それをさせないための力みたいな機能がある。結果、IT端末を持っている以上、その力(利便性)を否定していまうと意味・価値がなくなるという大前提からスイッチONにしている状態がノーマルな状態になっています。だから、発信側の意図や狙いがどうであれ受取側は一方的に我慢を強いられる。悪意のある誹謗中傷に対して反論してしまうと同じ穴の狢になることを宣言してしまうことに結果、なってしまうからだ。なんとも巧みな機能である。人間のコミュニケーション能力のブラインドをついた非常に秀逸な仕組みなんだと僕は感じています。気楽な気軽な信頼関係がある者同志なら、こんな猜疑心も疑心暗鬼も生まれないただの便利なツールが、複雑怪奇な意図が含まれた瞬間にめんどくさいツールになってしまう。

 インターネットのWEBサイトも実は同じ様な仕組みで公儀では情報を検索するためだけの目的なら最高のツールなのですが、その機能ゆえ様々な不具合を併発している。結果、視覚情報と聴覚情報だけを表示認知するための端末に五感を支配されてしまい、適正なバランス感覚を奪ってしまうこともある。当然、言語情報のバランスも大前提が曖昧になるうえ、情報を発信する側の意図や狙いが分かりにくい状況から、ほぼほぼ真意や真価を推定や憶測でジャッジしなければならない。でも、ITリテラシーのある人はその曖昧な推測も自分なりのモノサシで上手く解釈できるので、情報の有益な部分を見極め抜き取ることができるが、翻弄されてしまう、むしろ、翻弄されたい人のほうが多くなるとセオリーやモラルがその方向で固定・定着されしまう傾向が強くなります。そして、それが全容・総意だと認知してしまうと、本来の真意や狙いがマイノリティー化され、孤立し排除される。全体のパーセンテージ、つまり、総意こそが真価になってしまうのです。赤信号みんなで渡れば…のロジックである。

 では、何が優劣や正誤を適正に分けるのか?それは理論ではなく感覚なのだと僕は捉えています。感覚ってファジーな不連続な情報ですが、情報の根っこの部分と確実に連結連動しています。しかも、感覚は感覚でしか分析・識別・受信できないので、ある程度はテクニックが必要なんだけど、言語情報の共通性や整然性と比較して濁っているように見えてしまう傾向が強い。だから、両手を水平に広げ目をつむれば平衡感覚は三半規管が判断してくれるように、世の中の情報(重力)に対してどの状態が水平垂直かを体感・実感する心の三半規管を常に適正な状態にしなければならないのかなと捉えています。これが本来のITリテラシーの真髄だと思うのです。

ここからが勝負。

chessboard_181109.jpg

 次の一手が勝負を決める場合が多いのです。いつも迷ってしまう中盤戦へ進む曲面です。

最新のSHADE。

gamen181109.jpg

 長年仕事で使っているSHADE。いろいろな3DCGソフトを試したが、やはりSHADEが一番手に馴染んでいます。やはり、最大の利点はモデリング機能で他の3DCGソフトは基本的に用意されたプリミティブオブジェクトを変形させてモデリングするパターンが多く、オリジナル形状を作るケースが仕事では多いので、SHADEがベスト。ベクトルデータとの互換性も優れているし、何よりも構造がシンプルです。自由曲面やポリゴンへの変換も、アニメーションレンダリングの機能も一環して使いやすい。現在は少し古いバージョンを使っているのでアニメーション書き出しの際、「AVI」しかないのがちょっと辛い。そろそろ、最新バージョンを購入する時期なのかもしれません。アップグレード版は安価でいいのですが、いろいろめんどくさいので正規版を検討しています。

記念すべき1勝目!

gamen_181105.jpg

 ほぼ毎日のように仕事が終わったらアプリ相手にチェスをしている。アプリのレベルはずっと「2」だった。1年前まではそれでも勝つことができず、1勝するのに50ゲームもかかった。たかが「レベル2」なのに1勝もできないのか、と途方に暮れていた。教えてくれる人も身近にいないし、本や上手い人の戦術をサイトでチェックしてもよく分からない。あるとき、ふと、まぐれの1勝ができてからほぼ1年。すでに1000ゲームほどしているが勝率は40%。そんな状態が続き、「レベル2」で40%ってかなり低いレベルなんじゃない!?と感じ始め、10日前、レベルを一機にMAXの「10」に上げた。1000ゲームして40%のテクニックはやはりこんなレベルなのかという負け方。見事過ぎて悔しくもない。たかがアプリなのに「レベル2」と「レベル10」の差は歴然だった。しかし、同時に明らかに相手の攻め方が違うことに気づいた。そうなのだ、やはり「レベル2」は手を抜いていたのだ。アプリのくせに「お前さんは初心者だから、ここはあえてこう打っておくから、どうぞ」みたいな配慮をしていたのだ。しかし、「レベル10」はそんな隙がまったくない。負け方にもいろいろあるのだが、ばっさり一刀両断なのだ。

 しかし、しかしである。「レベル10」との戦いも4試合目で確実に相手のパターンが見えるようになる。恐らくこう来るだろうという手がほぼ100%分かってきたのだ。そして、本日、7試合目。記念すべき「レベル10」相手の1勝目がこちら。とにかく攻めました。常に3~4手先を読んで、相手の無駄手を誘いながら、状況を判断してプランを決めていく戦略です。

 嬉しい、正直、たかがアプリ相手なのに嬉しい。ゴルフでイーグルを出した気分だ。って、ゴルフでイーグルは出した経験はないが、それぐらい嬉しいという意味。う~ん、「レベル10」相手に1勝できたらチェスボードを買おうと決めていたのが、こんなに早くその日が実現するとは!嬉しい!明日、早速、アマゾンで注文したいと思います。

 誰か近くにチェスをする人いませんか?

びわ湖と伊吹山。

 琵琶湖と伊吹山の空撮。鴨たちは意外と逃げないし、タイミングよく電車が走ってくれました。

伊庭内湖の空撮。

 昨日の伊庭内湖の空撮映像です。映像で見ているとなんとも釣れそうなのですが、実際、水の上に浮くとイージーではありません。11月後半、今年最後の大会に参戦しますが…。

伊庭内湖。

ibanaiko_181103.jpg

 今シーズンはなんとなく気持ちがアガらず伊庭内湖に浮く気持ちになれなった。ま、こんなシーズンもありますね。11月にはイレギュラーで大会があるので参加しようと思っています。

鉛筆画。

works_181103.jpg

 ガスを抜くために、たまに鉛筆画を描く。これがなかなか楽しい。

Adobe Creative Cloud

 「Creative Cloudは、PhotoshopやIllustratorといった定番アプリをはじめ、フォントなどのサービス、クラウドならではの機能を統合。初心者からプロまで、あらゆるクリエイティブ分野であなたのアイデアを叶えます。」このメッセージをクリエイターがどう捉えるか個人差はあるだろうが、僕は開発者からの挑戦状だと受け取った(解釈した)。そもそも、そういう意識を初めて感じたのはアドビのマスターコレクションという製品を知った時だ。それまでにもいろいろなデザインに関するソフトウエアを使ってきたが、主力は仕事上、「PhotoshopやIllustrator」だった。Illustratorについては英語版から使っているのでバージョン1.0以前から使っている。その頃のMACの画面はモノクロで最初に制作したオブジェクトは「禁煙マーク」だった。この経験を持っている人は意外と多いはず。仕事場でタバコを吸いながらIllustratorに格闘しながら「禁煙マーク」を制作するのは、なかなか貴重な体験だった。

 それから約30年、アドビがマクロメディアを吸収してデジタルデザインツールに関してほぼ「Adobe Creative Cloud」は完成形に近い。それは、まるで、「僕達はCCを開発したが、世界中のクリエイターの皆様、これを全部仕事に使えるかな?」という開発者の挑発なのだ。Adobe Creative Cloudを契約すると毎月¥5,000の使用料が永遠に必要で、年間¥60,000の費用である。ソフトウエアのパッケージを一つ買うと買取りだから月額費用とか年間費用は発生しないが、マイナーチェンジや細かいバグなどの対応はAdobe Creative Cloudと比較して緩い。そして、バージョンアップの際もアップグレード費用を都度支払ってVerを上げなければならない。デザイン会社はずっとこの仕組み・手順でソフトウエアを活用しているわけだが、そんな状況を一新したのが「Adobe Creative Cloud」なのだ。当然、費用分の利点は多いし、サポートも磐石なので必要なソフトのみを仕事で使う分には理想的だ。しかし、Adobe Creative Cloudを検討している人の多くが「そんなにたくさんの種類のソフトがあっても習得するのが大変だから、現状のパッケージ版を使います」という結論を出す。確かに使えないソフトに毎月費用をかけては成果は生まれない。さて、ほんとにそうか?では、なぜ、アドビの開発者達は「Adobe Creative Cloud」をつくったのか?そして、毎月¥5,000でこれほどのツールをユーザーに提供しているのか?について考察すると、この製品があれば「あらゆるクリエティブ分野」にあなたは挑戦できるのに、それをしないのは何故?と挑発しているように僕は受け取った。覚える時間がない、そのソフトを習得したところでどのように新規仕事案件を獲得するのか、そして、仕事案件を獲得したところで、充分な成果を生み出せるのかというネガティブな言い訳のチェーンリアクション(連鎖)が一般常識であり通念だろう。

 この観点ではいつまでもソフトウエアは手に馴染まないし、むしろ、世界のトップレベルの開発者達はいろいろな世界の状況を想定してクリエイターのためにこのツールをつくったのだから、その意気や意図を無視して、現状維持で満足することは自分自身で伸び代や可能性を放棄しているに過ぎない、と、僕は捉えている。

 小さいモノクロ画面でIllustrator英語版で「禁煙マーク」をつくっていた頃に感じた、開発者のユーモアあるメッセージを受け取った(解釈してしまった)以上、禁煙はしないし、「Adobe Creative Cloud」の狙いもしっかり自分の内側に実装したい。

誰の情報か?

 アナログツールとデジタルツールの決定的な違いは「手触り」です。デザイン表現や文章に比べると軽視されがちな情報ですが、人は視覚以外からもたくさんの情報を感じ取っています。

 例えば、激安スーパーの折り込みチラシ。それがものすごく丈夫で光沢のある、高級紙で作られていたらどうでしょうか?逆に何十万円もする高級バッグのパンフレットが、その辺にあるチラシと同じペラペラな紙でできていたら、どう思いますか?

 名刺ひとつとっても、用紙によって随分印象が変わります。「安さ、早さ」を強みにしたいなら、それなりのものでいいかもしれないですし、大企業と取引をしたい人や、高いクオリティとそれに見合った報酬を得たい人は、グレードの高い用紙を選ぶことで、手に取ったときの信頼感や高級感を演出できます。

 このように、紙の質感によって相手に与える印象をコントロールすることができるのが、アナログツールの特長であり利点なのです。さらに、アナログツールは情報を実存させることで特定の時間を独占することができます。パソコンのモニターやスマホの画面ではどの情報も平面的なデジタル情報です。音声や映像を駆使できたとしても、すべての情報がひとつの画面で閲覧できる利点と引き換えに画面転換して別画面を表示されてしまえばその情報は消えます。
情報量も豊富でたくさんの情報を獲得しているようで、実際、有益な情報はさほど多くないのが現実。いくら最新情報が秒単位で切り替わったとしても、その画面に有益な情報があまりなさそうだと感じられれば、いくら最新情報だったとしても優位性はありません。

 つまり、アナログツールとデジタルツールはそれぞれのメリットとデメリットがあることを
充分に意識して活用する必要があるのです。そこで一番重要なポイントは「誰からの情報なのか?」ということ。欲しい情報に対して特定の誰かに期待できなければ、いくらたくさんの情報を得たとしても見切られてしまう可能性が高いのです。

 結局、情報の発信源である「誰か」が重要であり、情報の真価を決めていることになります。