CREATIVE SUITE 3

 プリント・Web・モバイルまで進化するデザインのための新世代ソリューションということで「CS3」が出ました。現在CS2とSTUDIO-8を活用しているものの、まだまだ、充分でないうちに、もう新しいVerが発売。このスピード感は何を意識しての戦略なんでしょうか?きっと、膨大なデータベースと世界最高の技術者たちが日々研究に研究を重ねて、マーケティングにマーケティングを重ねてこれらの発売タイムテーブルが決定しているのでしょうから、きっと、このスピード感には大きな意味があるのでしょう。
 世界中のクリエイターの皆様は「おいおい、ちょっと早すぎくない?」と思っておられるのか、それとも「やっと出たのか、市場はもっと高いレベルを求めてるんだから、もっと早い展開をしてくれなきゃ!」と思っているのか、とても知りたいところです。私はイラストレーターなら8.0、フォトショップなら5.5、FlashとD.W.とF.W.ならMXあたりがちょうどいいと感じているレベルですが、皆さんはどうなんでしょう?「自由×自由」と言っていますが、使いこなしてこそ自由ですから、そんなに世の中の現場は高いレベルのソフトウエアを求めているのかなぁ~と考えてしまいます。新しい特徴・機能を確認してもどうもピンとこないことがとても多い。でも、ついていかなかればいけないんでしょうね、でも、どこかでいつか飽きるだろうなぁ。うん?何に?デザインに?クリエイターに?Macに?「Use it or Lose it.(使わなければ失う!?)」なのだろうか・・・。

comments

昔はそれこそ、SLがのんびり走っていて、気の向くままに飛び乗って旅を楽しんだ。それが、電車になって、少しスピードアップ。
必死になってやっと飛び乗る。今度は特急、新幹線。
もう飛び乗れない。
思わず振り落とされた場所が、田んぼの真ん中。
そこで、僕は農業を始めて、違う幸せを感じる。
小さな小屋の中にはなぜか、古いパソコンがあって、
古いバージョンのソフトで農作業の間にデザインを楽しむ。
家族が喜ぶ。お父さん上手いやん。なんて。
こんなのもありかな。

  • 和歌山のおいさん
  • 2007年05月22日 07:36

それも確かにありですね。私もSLは大好きですし、湖の上にボートを浮かべて釣りをするのも大好きです。しかし、最高速で空を飛びたいとも考えています。小さな田舎の会社じゃ軽トラでウロウロがいっぱいいっぱいかもしれませんが、いつでも最高速のジェットを操縦する自信はあります。ある時は田舎の小屋でホノボノとやりながら、ある時はジェットで世界を飛び回りたいと、ド真剣に考えています。

  • khuz
  • 2007年05月22日 08:08

comment form

(スギノのノギス にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form