10年以上。

ehude.jpg
 確かこの筆やペンは15年ほど使っている。ペン先もほとんと変えていないし、平筆に関しては22歳の頃に買ったような・・・。とにかく貧乏性の私はあきれるほどモノを捨てない。カミサンにもあきれられている、かなり。しかし、絵に関するギアに関して、手になじんでいる道具はそう簡単に捨てることができない。また、このタッチを出せる筆を探すはともてとても苦労するから。もう20年、20代の頃これでいろいろ描いていた頃が蘇る。すると、その時のモチベーションが蘇る。頭も手も自分のタッチを覚えているが、この筆やペンも確実にタッチを覚えている。「ころころバージョンアップする四角い電気の箱よく聞けよ!」と心でつぶやいてしまう。この数百円の筆がどれだけ仕事をしてきたことか、10年前に揃えたカラーインクなんて10年間仕事で水彩画を描き続けているが、まだ、半分も減っていないぞ!おい!Mac君とWin君、君達は高価なわりにはもろすぎるぞ!