どっちなのでしょう?

khuz_illust01.jpg
 こちらは2007年卓上カレンダー用に作成したイラストなんですが、今年のテーマは「Think or Image.」でした。考えるということ、想像するということの違いについて思うところがありまして、このようなテーマを設定しました。思考力と想像力の違いとでも言いましょうか。人と人のコミュニケーションという視点で最近はいろいろなギアが発達していつでもどこでも誰とでも!?ぐらいに情報を発信し受信することが簡単になりましたが、でも、人と人とのコミュニケーションの構造や軸が根本的に発達したり進化したりしたわけではありませんから、食い違いが発生する時は発生しますし、口コミが真のつながりになる場合もあります。
 不思議だと思うのは、自分自身がどう思って欲しいとかこういう考えだから共感してくださいってどれだけ表現しても伝わらないのに、一枚の名刺を渡すだけで、「ああ、なるほどなるほど!」って事になる。これはどう伝えたいかではなく、どう伝わるかが見えていないと、「伝えたい伝えたい」では絶対に伝わらないと思えてきた。伝わる時は伝わるのだからイライラしても仕方ないと思えてきた。さて、この腹のくくりかたはThink or Image?と、いう感じなのです。ので、「背中の十字架」はそれほど深い意味はありません・・・。

comments

お昼に打ち合わせをしていた内容と今回のブログ内容が似ていたのでビツクリです
今 がんばって自分のブログを開設してみようと頑張っていますが。。。。。
伝えたい、伝えたいではなく、解りあえたら。。思い合えたら。。長はそう思いました。。。

  • 長なり
  • 2007年06月02日 21:58

昼間に打ち合わせしていた内容と今回のブログの内容が同じでビツクリしました。
今 頑張ってブログを開設しようとTRYしていますが。。。。

伝えたい、伝えたいと思うより、解りあえたら、思いあえたら。。。そう長は思いましたよ

  • 2007年06月02日 22:05

何とかやってみました
最初はこんなもんかと。。。。
どうやって、わたくしのブログをご紹介しましょう????

  • 長です
  • 2007年06月03日 17:34

どんな大きな企業も最初は手探りだったはずですが、皆さんがトライ&エラーを繰り返しひとつのシステムを構築されていかれた結果が現在のブログ文化だと思います。昔、ある恩師にこんなことを言われました。アマはチャンス目の前にして考え過ぎてそのチャンスを逃し、プロはチャンスに一歩踏み込んでから考えると。この言葉が今の私のすべてのスタイルに潤滑に機能しています。エラーはしますが、そのエラーからたくさんの事が学べるはずです。検討してその場に立っているだけでは何も学べません。それで学んだ気でいる人が多い。机の上の議論でモノゴトが何も解決しないように、デジタルも同じ。種を植えるだけでは芽も出ませんし成長もしませんし当然実も結実しません。そういう意味で最初の一歩はすべての始まりであり、学ぶ事が怖いなら成長を放棄したと同じだとさえ思って、何事も取り組んでいます。

  • khuz
  • 2007年06月03日 18:01

comment form

(スギノのノギス にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form