インテルかぁ~。

 ひさびさにMacの専門店(大津)に顔を出して来ました。そこで最新のMacやiPodのアクセサリーを物色していたのですが、G5を今後検討する場合に全てのモデルがインテルになったらしい。その下位モデルを購入したい場合は中古市場を探す他ないらしい。で、インテル仕様の特徴を店長様にいろいろ質問したところ、新しく発売されるCS3と相性がいい事とWinのビスタをOSを分割してインストールできるという特徴がこれまでにない展開らしい。確かにDTPだけならMacOS9でもいいのですが、Webやノンリニア編集ソフトを快適に走らせる場合はやはりこれらしい。確かにこのたび発売されたCS3はいろいろな点で魅力的です。それを現在のG5で走らせるとやはりかなり遅いらしく、ストレスが残るらしい。Webに取り組んでいるとどうしてもWinがアドバンテージが高く、気持ちがMacからWinに浮気してしまいます。それを回避するためにインテルの登場という流れなのでしょう。しかし、何よりも価格が高い!ちょっと本体をカスタマイズして¥400,000、CS3のフルセットで¥350,000なのである。これはかなり頭が痛い。新機能は確かに魅力的なのですが、一気にこれを導入することは難しい。いつものことながらボチボチと便利な部分のいいとこ取りをしていくしかなさそうなのです。Macはどんどん古くなるし、次から次へと新しい展開が目まぐるしいと気持ちがフラフラして焦ってしまいます。これもアドビの作戦なのでしょう。しばらくはDELLとG5で頑張ろう!