#383636なのか・・・。

 どれだけいろいろあれやこれやとWEBサイトの細部にこだわってこだわっても、結局のところ商品の魅力を伝えるべき文章が読みづらければ、当然ネットショップの売り上げには結びつかないそうです。確かに印刷物の場合文字の色は黒(BL100%)が当たり前ですが、様々なモニターの環境で閲覧していただくWEBサイトの場合DTPにおける行間や文字のツメの微調整は勿論のこと、その色にもこだわりたい。と専門書に書いてありました。基本的に白の地色に対して真っ黒(#000000)のコントラストは強いという見解。モニターの白は印刷用紙の白よりも光度が高いので、基本になる文字の色を指定する場合は、こだわりにこだわるなら文字の色は限りなく黒に近い灰色が良いらしい。それが#383636という灰色。早速、このブログにもその色を設定してみました。確かに見やすい、そして、読み続けてて目の疲労度が、真っ黒やグレイよりも少ないように感じます。こんなこだわりは印刷物でも映像メディアでも存在しない。やはり、WEBサイトがそれほど世の中に浸透してきたからこそのこだわりと言えばこだわりなのでしょう。じっくりと読んで頂くために、文体やテーマも勿論大切なのですが、やはり、目で見て感じる部分にもこだわりは大切です。