国産材の魅力。

 現在の日本の住宅は外国の材木が使用されているケースが多いらしい。理由はコストにつきるのですが、必ずしも建材だけで住宅の性能や価値を決めることはできないのですし、コストの部分をクリアすればやはり日本に建てる家ですから、国産の材木がいいと素人なりに思います。しかし、日本には四季があり、北海道と沖縄では気候も異なるとそれぞれの地域に材木の特性があるそうです。やはり、地域性を考えたら住む地域の気候や自然環境を意識した材木で家を建てるべきだと思います。しかし、大手住宅メーカーがいろいろなタイプの家を次々と提案されコスト面でもたくさんの選択肢の中から、一生モノの家を新築するような場合は、妥協することなく様々な視点で家を分析するべきなのだと思います。そんなことを考えるようになったのも瀧澤材木店様の瀧澤社長からいろいろ国産材のお話を聞く機会があったからなのです。材木へのこだわりは人生や何世代にも渡る暮らし全てへのこだわりに通じると思いました。デザインを作るという仕事は特に材料がどうのこうのという部分はありませんが、そんな「家と木」の関係のような本質的な部分でデザインを構想しなければ・・・と思いますね。