ビジネスブログ観。

 オンライン上のルールが増えているように思います。それもこれもインターネット・Webサイトが生活のビジネスの趣味の娯楽の世界へしんしんと浸透しているからに他ならないからでしょう。私のこのブログはMovableTypeというツールで作成してカスタマイズしているのですが、これを検討する時にたくさんのCMS(コンテンツマネージメントシステム)と呼ばれるツールを検討しました。また、一般的なブログサービスの現状もそこそこレベルで検討しました。結果的に印象として無料ブログでもブログを運営するなら十分な機能がありコストも¥0ということでとても魅力的だったのですが、やはり、気になるのは「デザイン」と「拡張性」でした。いずれもカスタマズの問題なのですが、確かに普通にWebサイトを作成してFTPして更新運営するなら、通常のD.W.やF.W.やFlashがあれば問題ないのですが、やはり、どこでもいつでもブラウザから更新できる「手軽さ」を一度体験してみたっかた。気軽さを経験値として得たかったという理由でMovableTypeに取り組み始めました。取り組み始めてほぼ1年なのですが、「これで良かったのかな・・・」と思い始めています。日進月歩の世界ですから、これが最適とは言い切ることは絶対にできないのですが、個人的にCMSに取り組むならMovableTypeとじっくり組み合い、これにできない事が発生したら他のツールに。という考えに落ちついています。その理由はデザインの自由性もさることながら、やはり、拡張性です。とてもたくさんの個人ブログでは必要ない拡張性があります。それは何のため?と思っていたら、やはり、こんな本が出ていました。「MovableTypeかんたんビジネスブログ作成術」という書籍です。読んでみると、現在のCMSやWebサイト運営術のヒントがたくさん丁寧に記述されていました。そうかそうか、そいうことだったのか!なんともどんどん先へ進まれますな・・・という心の声を抑えに抑えて、Webサイトの企画・作成・公開・運営のポイントを知ることができました。一方でFlashを取り巻くリッチコンテンツの流れとブログCMS思考の流れと交わらないようで実は大きな潮流だったりするのでしょうね。現在のビジネスブログはえらいことになっています。まだまだ勉強勉強です。