名刺1,700枚

 株式会社アクトとしてお名刺の交換をさせて頂いた方は約1,700名ほどおられます。いろいろな場所でいろいろな会社様と出会い名刺交換させていただいた結果です。設立して13年目ですから、約1年間で130名の方と名刺交換をさせて頂いている計算になります。と3日に一人の割合で名刺をお渡ししている計算になります。名刺フォルダを繰りながら連絡先を探す場合でも印象に残っているお名刺とそうでないお名刺があります。お名刺を見ればだいたいどのような方だったのか思い出すことができます。それほど名刺とは重要なアイテム。東京や大阪でデザインの仕事をさせて頂いていた頃はそれほど名刺の重要性を感じることはありませんでした。「ビジネスは名刺から始まるよ」と上司に言われても「へぇ~」程度でそんなに心にもとめていませんでした。長浜で営業を始めて自分の名刺を考える時、それほど重要視していませんでしたら、今、それを見るとどこか物足りない。こちらが現在の私の名刺なのですが、ちょっとたくさん盛り込み過ぎ。でも、55mm×91mmの紙面をできるだけ活用してたくさんの情報を盛り込みたいということでバージョンアップしてきたつもりです。逆にお仕事でお名刺をデザインさせて頂く場合でも、はじめの頃は「お名刺だからシンプルなデザインだけ吟味して~」みたいな感覚が、現在ではできるだけお客様のお店やビジネススタイルをお聞きして、小さい紙面にできるだけ表現しようと心がけています。だって、名刺ってチラシやポスターなどの印刷物よりもはるかに長期間保存して頂けているはずのペーパーアイテムだと思うからです。一方、WEBサイトって情報量も無限ですし、紙面(表示画面)も大きいので名刺の情報量と比較すると両極ですが、だからこそ情報の整理の仕方や見せ方や機能性が吟味されていると思います。最近ではWEBデザインよりも運営方針の方が環境が整備され注目されていますが、勿論、運営は大切ですが、情報のデザイン化や表現手法にはこだわりたい部分です。
 余談ですが、この約1,700枚なかから、デザイン目線でのベスト10などいつかブログネタとして掲載させていただきたいと思っております。名刺は大切です。

act_bussinescard.jpg