MAC or WIN?

 テレビCMではああいう切り口でしたが、本当はどうなんでしょう?だからCMは怖いと思ってしまう。あんな表現をすればMACはどんだけぇ~!だと思ってしまうが、実際はそんなに大差はなく、どちらかというと劣勢のように思う。これは個人的な私見なので一般的に様々な目的でPCを活用している方たちに対して「やっぱりこちらでしょう!」とか「そんなにこちらは万能でもないですよ!」などと明確にジャッジはできない。現在もいろいろなOSでMACとWINを活用・併用していますが、どちらがどれだけ優位かは不明ですね。「WEBならWINで、DTPならMACだ!」という方もいなくないですが、これもそれほど根拠がありそうでなさそう。確かに文字コードの問題だけを考えるとWEBでMACは絶対にありえないのですが、あとは、道具だからインターフェイスに慣れているとか、データ間の連携がスムースだとか、フォントのバリエーションが豊富だとか特長があるとかで使えばいいレベルだと思います。長年PCに携わってこられた方ならそれなりに「慣れ」の部分での判断が決め手になるのでしょうけれど、これからPCに関わる子どもたちにどちらを???となるとちょっとそれこそ双方決め手に欠ける。結局、それぞれの特徴をアピールしながら、結局本質は変える事ができなくて、元の鞘というのがこのお話の結末のように思いますね。つまり私自身は昔ほどMACに心を奪われていないし、さりとてWINに依存しているわけでもありませんから、結局、道具なんだから、「握りやすい」とか「不具合が少ない」とか「安くて高スペックで」とかという理由で今後購入していくだろうなぁ~と考えています。「MACを使っているからいいデザインができる~」的な妄想から脱却するのに時間と費用をかなりかけてしまったようですが、これも誰しも通る世の中の本道という事で納得しています。次々にバージョンアップを繰り返すソフトウエアについても同じ、どうしてもどうしても「高機能VS蛇足」のジレンマが先行して新しい機能にトライする意欲が沸いてきません。ソフトウエアさんが考えているほど、この仕事は複雑ではないですから、もっと、別の部分で頭を使ってなんぼなんですから、新しい環境で新しい発想が生まれると誤認しないように注意注意。