撮影用ライトキット。

studio_set01.jpg
 オンラインで購入した商品撮影用のライトキットです。ホテルや料亭さんで会席料理やお鍋料理の撮影用なんですが、勿論、物撮り用にも人物撮影の補助ライトにも使っています。意外とフラッシュ2灯と白色ライトでは光量が足りない、ここに補正ライトが欲しいという時には抜群です。天からの模擬自然光としても充分な光量なのでともて便利ですね。本格的なスタジオ撮影をするには、この程度はちょっと物足りないですが、料理や小物ならば充分なギアです。
 イマドキ、カメラマンに料理を撮影をお願いするというケースが少なくなり、しかし、撮影場所のライトだけでは不十分、カメラの用のフラッシュでは全然無理無理という状況で、左右前後からレフで起こしたい、光を全体に充分にまわして絞りもできるだけ絞りたいという状況が多いので、このライトキットは抜群です。最近のデジカメはサイズもモードも機能が上がり誰でもそこそこの写真は撮れるのですが、よくよく見れば光が不十分です。これでいいやというレベルにはTPOがありケースバイケースですが、やはり、しっかりライティングは計算したい。フラッシュの光をコントーロルできれば、スタジオカメラマンとしてはプロだと言われていますが、その知識もなく、構図もゆるい写真をよ~く見かけますが、まぁ、これはこのテンションでいいのか・・・と感じつつも、キツイことはキツイ。
 デザインもWEBもそうですが、デジタル機器ってそこそこは誰でも手に入れることができるのですが、そこからさらに高みを目指す時一番大切になるのは、機器の性能ではなく、人のセンスやアイディアや工夫力なんでしょうね。比べれば歴然愕然当然ですね、いい写真は。