第24号(2008年2月号)のご案内

 皆さん、年末に向けて公私ともにお忙しいと思いますが、また、2008年2月1日の情報紙S.O.S.第24号の発行に向けまして企画・編集をはじめようと思っております。アクトも何かとバタバタとしているんですが、できるだけ早めに原稿依頼書をお送りしたいと考えております。今回も新しい方のご参画が4~5名ほどおられます。海外との連携も進めたいと前回の納品時のメッセージに書かせていただいたのですが、今のところ2名を確定しております。おひとりはバンクーバーでオンラインビジネスを中心にビジネスモデルを構築しておられる方。もう1名様はマンハッタンでイラストレーター活動を展開しておられ、ご本人もメディアに登場しておられるなんとも素晴らしい女性です。また、他も国内では東京を中心に音楽活動を展開しておられる元気な女性やとても魅力的な木工作品を展開しておらえるご本人様ご自身も登山家で本を出しておれる作家さんです。あとはすでにDVDも発売され国内外で高い評価を得ておられるアニメーション映画の監督さん。そして、大阪市内でマルチメディアな展開をしておられる会社の社長様などなどです。そんな新しい皆様とこれまでのマスターメンバーの方でガッツリと第24号を企画・編集していこうと考えております。
 で、メインテーマは「転ばぬ先の・・・」です。普通に考えるとそれは「杖」なんですが、それはそれ、皆様のクリエイターらしき現代の「杖」について作品と文章をご提供頂き構成していこうと考えております。たかが杖、されど杖みたいなテンションで、この不透明な現代にビジネスとしてライフワークとしてアート活動として、転ばぬよう皆様が取り組んでおられる万象について、ギアについて、アイディアについて、心意気についてお聞かせいただき、それが、第24号を手にされたかたに伝わることで、何か新しい繋がりが生まれればとてもいい感じなのかなと思っております。
 では、S.O.S.のマスターメンバーの皆様、年末、お身体のご健康と心のご健康には充分ご留意していただきよい年末をお過ごしくださいませ。また、第24号に関する情報はこの中でご報告させていただきます。また、第24号以降への新規ご参画をご希望される方はお気軽にメール連絡くださいませ。
S.O.S.編集長/スギノヨシカズ