あと2日。

 さてさて、2007年もあと2日となりました。いやぁ~、昨晩の「人志松本のすべらない話」は絶品でした。ちょっと「絶品ですよ~演出」が過剰な番組Pの構成がちょっと鼻につきますが、それはそれ、松本さんのテイストは、出演者の皆様の鉄板トークのスキルとは関係ありません。しかし、プロの芸人さんがあれほど緊張する表情ってなかなか見ることができず、崩壊してしまった、藤井たかしさんは別として、ちょっと路線が違った伊集院さんは別として、他のメンバーのトークは素晴らしい。もう、こうなるとすべるすべらないという次元を超えている。結局、松本さんはMVSに兵藤さんを選んだが、私はなんと言っても宮川ダイスケさんの「フィリップ君」でしたね。千原兄さんの「50時間分のDVD」も素敵でしたし、松本さんの「カーナビ」も素敵でした。
 2007年はいろいろなお笑いの方がメディアに登場しておられましたが、皆さん演技や技術の密度が濃い。そして、先輩後輩の関係が完璧に成立している世界。これぞ実力の世界と言い切れますね。その他の分野の「すべってる皆さん」へ、国の傘の下で雨は避けられても足元がびしょびしょですよ。空っぽの心で寄り添ってても身体は暖かくならないでしょう。なぜなら、皆さん、見事に空っぽだからですよ。発熱源がないからですよ。ふざけた公務員のニュースを見るたびにその「空っぽ加減」に失笑ですよ。ふざけた貧弱な人生に私の目には映っていますが、それでいっぱいいっぱいなんですよね。それに比べ芸人の方のエネルギーは凄まじいと思います。凄まじいクリエティブ力だと思います。観察力と分析力と構成力に独自性とセンスがあのバランスでバシッと絡まったら誰も勝てないでしょうね。いやぁ~「人志松本のすべらない話」最高でした。だって、政治や教育や経済の話がネタになってなかった。ということは、「すべらない~」のメンバーの皆様の観察力外だったということ。つまり、すべる方とすべらない話の間には深~い溝があるのでしょうね。