写真撮影のTips

 電気屋さんに行くといろいろなメーカーのデジカメがありまして、いざどれかを選ぶかとなると何を基準に選べばいいのか迷ってしまいます。ほんとにいろいろな価格帯があり¥10,000台から¥200,000台まで数えられないぐらいの種類です。価格も判断材料として重要なんですが、画素数や様々な機能やオプション機能やデザインなどなど、ほんとにほんとに迷います。予算でだいたいこれぐらいの価格でということで目当てを決めて検討しても、もうちょっと画像サイズを上げて、あとこれとこれの機能をこの金額のプラスで追加してもうちょっと上位機種にして・・・とかまたまた決まらない。では、手ぶれ機能とかズームの機能性を優先すれば最低でもこの価格になるが、実際この機能はどの程度の効果があるのだろうか、手ぶれは確かにコンパクトなカメラだから重要かな、ズームもできるだけ幅は欲しいけれどその分レンズが暗くなるのではないかなとか、この判断基準も難しい。価格と機能のバランスはいったいどこで決定すればいいのでしょうか?最後はデザインで決めてしまいそうでなんとも緩い判断力となってしまいます。あとはメーカーで決めるのかなと思っております。ニコンとキャノンはカメラとなるとまず検討するのですが、コンパクトカメラとなるとそうでもなさそうなので、ニコンとキャノン以外も気になります。特に以前ならSONYも良かったように思えるし、FUJIも悪くないと聞きますし・・・。う~ん、参った。選択肢がありすぎて、何が欲しいのか分からなくなってしまいます。
 で、実際の撮影の技術的な部分でマニュアル操作を求めるとやはり一眼レフになるのですが、一眼レフは一眼レフカメラはデカイ。あたりまえなのですが、やはり、簡単にポケットに入れて気軽に撮影できるコンパクトサイズはとてもいい。仕事に使うにも¥30,000台のデジカメの画像サイズは大きいので印刷物にも充分に使える。フォトショップのCS2からかなりの露出や色温度が調整できるので、調節する環境は問題ない。となると、最後の判断材料は何だ?ブランドイメージになるのだろうか・・・。キムタクよりあゆよりエビちゃんより水川あさみさんのパンフレットに食いついてしまったので、これだけ検討して最後はパンフで決めるんかい!とツッコまれそうですが、「CASIO」にするかもしれません。これが以外と現実のように思うのですが、これは非常に片寄った選び方なのかな。と、ケーズデンキのデジカメコーナーでウロウロしている不審なおじさんひとり。