デカイ獲物を。

bass_kun.jpg
 こちらの写真は数年前に弟が琵琶湖でゲットしたランカー(56cm)の剥製。この時は私もいっしょに琵琶湖に出ていたのですが・・・。で、その前に確か私が47cmをゲットして喜んでいた数分後だった。実家に帰りこの剥製を見るたびにその日の事が鮮明に思い出されてなんともドキドキしてします。
 年頭にあたりいつもいつも大きな獲物をゲットするためにいろいろ目標を構想しますが、なかなかこんな剥製サイズの獲物はお仕事でも人生でもゲットすることは難しい。この剥製を見ながらいつも思うことは弟と私の距離は5メートルも違っていなかった。そのポイントにも私は確かルアーを何回かキャストしている。にも関わらず私のロッドには来なかった。これが釣りというモノ。獲物との出会いに一喜一憂できるのもそれが努力や技術ではどうにもできないから。今年も素敵な獲物との出会いのために、しっかり腹をくくり心の準備をしておくこと、でも、四六時中、緊張でガチガチの状態ではなく柔らかい心で待てるように。そんな強く柔らかい筋肉と思考で大きな獲物を待ちたいものです。