琵琶湖を世界遺産へ。

biwako080108.jpg
 お正月の日経新聞に「琵琶湖登録へチーム」というキャッチで琵琶湖を世界遺産に登録するという動きが滋賀県の嘉田県知事の方針として推進されていることが書かれていました。世界遺産登録について「ハードルは高いが、挑戦する価値はある。」「任期内に見通しを立てたい。」という意欲を示しておられたそうです。
 世界遺産登録に自然文化的な背景と「ユニーク性が大切」という視点があるそうで、どんな企画書が世界に向けて打信されているのか興味津々ですね。国内のいくつかのポイントが世界遺産に登録されたというニュースも自分が住んでいない地域なのであまりピンとはきませんでしたが、長浜に住んでいるわけで「琵琶湖が世界遺産」となるとやはり嬉しいことなので、今後も長期的なプランでしょうし、現実的にはその確立は何%かは不明ですが楽しみです。
 表現案もさることながら、歴史と水の文化と固有種からなる生態系の価値の発信がキーポイントらしいのですが、さて、改めてとなるとこれらのネタがどのようにまとめられていくのでしょうか?とてもとても興味津々ですね。世界遺産「琵琶湖」って響きもかっこいいですね。