第24号原稿依頼書完成です。

 情報紙S.O.S.第24号の原稿依頼書を本日、遠方から優先して発送し始めております。明日(16日)~ご郵送で送らせていただきますが、ブログにて先行してポイントをアナウンスさせていただきます。当初の予定で2月1日発行は難しくなり、3月1日発行の予定で原稿依頼書を仕上げさせていただきました。この週末には皆様のお手元に到着するかと思います。ご確認の上、2008年第1弾、情報紙S.O.S.海外進出編第1弾の件、よろしくお願いいたします。先行しまして依頼書の一文をこちらのブログでご紹介させていただきます。

●第24号のテーマ設定「転ばぬ先の・・・」
 2008年3月1日発行(予定)第24号のテーマは「転ばぬ先の・・・」です。「・・・」とさせていただいたのは本来ならばこの部分は「杖」なんですが、そこはクリエイターが創る情報紙のテーマということで「・・・」とさせていただきました。また、ブログでもご案内させて頂いたのですが、年頭の一発目に「転ぶ~」とあまりいい語感とは言えないワードをチョイスしたのも逆転の発想で、「失敗から学ぶ~」的な感覚で皆様のクリエイターとしてご活動を展開される上でのビジネス的なメンタル的なもしくはsomething的な取り組み方とか考え方とか具体的なビジネスプランとかをお聞かせいだける範囲内で第24号の作品としてご提供いただきたいと考え次号のテーマを設定させて頂きました。不景気と言われつづけ出口が見えない見えないとメディアや活字では騒いでいますが、自分を見つめクリエイターとしてじっくりと品質を追求されている方、新しい技術に取り組みビジネスモデルに消化・発展されている方、トレンドを牽引しておられる方は皆さんは独自の世界観をリスク覚悟で挑戦し勝ち取っておられるのではないでしょうか。こんなエネルギーやクリエイターとして活動を継続されている皆様の工夫点やアイディアは、絶対に他のどんなクエリエイターの皆様、引いては海を超えて他言語のクリエイターとも共有できると信じています。皆様の「・・・」をご披露ください、教えてください。スギノヨシカズ~とここまです。
 また、お手元に到着しましたら、ページ割付けや原稿サイズについてご確認よろしくお願いします。
 今回、1/2ページに指定させていただいた皆様につきまして原稿の作成サイズが前回と異なるので予めご案内させていただきます。と言いますのも、単純に1ページを2分割すると同じような作品や原稿の場合、「ひとつの作品、作家の方に見えてしまう場合があるのでは・・・」というご意見を頂きこのような1/2ページの皆様は細いラインの枠か全面をベタや写真を使用される場合はその画面サイズを左右100mm×天地142mmで作成お願いしたいと思います。また、締め切り日は2月10日とさせていただいのですが、早くご提供・ご支給いただける場合は少しでも非常に助かりますので、ご配慮のほどよろしくお願いいたします。勿論、今回も参加費用や完成後の納品部数は第23号と同じです。今の段階でご質問や疑問がある方はコメントに入れておいてください。よろしくお願いいたします。編集長/スギノヨシカズ