何もしない勇気か・・・。

 現代は変革の時代。誰よりも早く、誰よりも大きく、誰よりも高く、誰もそう考えている。そして、不景気な日本を嘆き幸福の方程式を探している。しかし、これは本当にそうなのだろか?というお話になりました。どなたとそのようなお話になったかにつきましてはBLACKBOXの中ですが、真剣に実直にそのことを考察・分析・検証していくと、実は今、本当に取り組まなければいけないことは、現状をしっかり理解して、何も行動せずに、次の時期を待つという勇気が必要なのかもしれない。前へ前へ上へ上へとみんなが見ている向いているからと言って、私も私もでは結局何も変わらず生産的な変革を起こせないのではないだろうか・・・と考えてしまった。非常に抽象的なお話しかここではできませんが、そんな視点こそが本当は今一番大切なのかもしれない。
 例えば、現状が「偶然」か「必然」かと少し鳥瞰的に考える時間もあってもいいのでは。原因があるから結果があるという書籍がヒットする理由とは?過程よりも結果だと言われうなずいていたが、はたしてそうだろうか?日本のアンダーグラウンドには何が眠っているのだろう・・・。