taspo(タスポ)が必要。

taspo_card.jpg
 滋賀県では6月からこのカードがないとタバコの自販機でタバコが購入できなくなるそうです。規定は20歳以上で発行手数料は無料。有効期限は10年だそうです。個人情報についての保護は「万全を期しています。」という記載がされているだけ。さてさて、What do you want to do? 誰の起案かできればおしてほしい?そして、その目的はただ20歳以下の喫煙者の規制だけではないでしょう?どこかで誰かが何かの目的のためのD.B.を作りそれを何かの目的のために活用するという前提がありきなのでは・・・?と思ってしまうのは私だけでしょうか?これをキッカケに禁煙しようかな・・・という人もいるようですが、どんな副産物を狙ってのこのカードの施行か?いつものことながら大きな組織がすることは目的が不透明。確かに肺がんの発症率は年々増えているらしいですが、下痢で命を失うよりまし。内戦中に両手を失うより、下半身を失うよりまし。不思議な国の不思議な方向性。今現在、内戦が続く国の中では5歳の兵士がいるらしい。5歳で銃弾の中をかいくぐり敵兵の命を奪う少年たち。taspoと他国の内戦とは関係がないに等しいけれど、これもひとつのバタフライ効果とも言えなくない。