ある意味金字塔。

smith.jpg
 言わずと知れたBrad PittとAngelina Jolie。しかし、不思議なゴージャスなカップルです。夫婦だと言いますが、ポロっと国を買ってしまうような二人だから、普通の夫婦という感覚ではおそらくたぶんないであろう。が、二人は夫婦というスタンスは基本に置いているような記事を読んだりすると、まぁ、夫婦なのかなと認識している。その記念すべき映画がこれなのですが、この映画のシナリオと二人の結婚までのシナリオは誰か有名なライターが原作・脚本・演出いるんじゃない?!そう思えるほど、この映画を観るたびに、普通な二人の会話とありえないキャラと強引な設定と収まる鞘的なオチにいつも心奪われて観てしまう。日本の現代の映画が相対的につまらなく嫌いなのは、分かっていてもつまらないから。外国の映画は分かっていても楽しいのです。この違いは大きい。もう、原作とか脚本とか俳優とか監督とかというお話ではなく、空気とか創る気持ちとか場所への空間への愛がない。だから、画面に愛がない。
 この映画はそういう意味では、バトル観覧車ムービーとしては最高傑作だと思う。「ええ~っ!」と思っておられる方も一度観てください。これはこれでとてもアリなんです。意外と愛があるんです。だからある意味金字塔なのです。