TV初登場。

jasper_kaela02.jpg
 このテレビ放映後、You-Tubeのプロモを観た。なるほどなほどこのテイストなのか・・・と。映像を創るという作業は非常に難しい。論理的な設計図が必要不可欠でありながら、その一方でとてつもなく感覚的でいなければいけないと思う。平面の仕事からWEBの仕事に携わり、時に映像を創ることもさせていただいているが、いやぁ~映像作品は奥がある。感覚的な作品と批評することはとてもとても簡単で、いざ、それを作成するという立場になると、愕然とする程、難しい。これほど自分の感覚は貧弱だったのか、これほど自分のアイディアは貧困だったのか・・・、と頭を抱える。観ているようで観ていなかったに他ならないことに疑う余地はないのですが、でもでも、映像作品が創りたいから、一生懸命、いろいろな映像を見て、時に設計の目で、時に感覚的な目で、見て覚えて構想してオペレイトして、その作品を観てまた、考える。この繰り返し。しかし、なかなか、その実感のスピードは思った以上に上手く運ぶことができない。構想でさえ、アイディアでさえ、浮かばない事も多い。こんな消化不良の悩みを映像作家の皆さんに聞くと、皆さんこうおっしゃる「いや、僕も同じですよ~」って、いやいや。では、これが角川春樹さんだったら何と言うのだろう・・・、もし、聞けるタイミングを与えてもらったら、思い切って聞きたいものです。
 そんなことを考えながら、何回もこの映像を見て、You-TubeのPVを観ています。