印刷仕上がりました。

sos_vol024.jpg
 なんとかなんとか今回もスケジュールが伸びに伸びていたのですが、印刷まで仕上がりましたので、ブログにて先行してマスターメンバーの皆様にご報告させて頂きます。第24号は海外に参加メンバーが増えたことや東京の音楽業界や新しいジャンルへ展開が発生したことも含めて、いろいろとメンバー様の調整に時間がかかり、最終原稿が到着したのが、2月29日となってしまいました。早くからスケジュールに対して前倒しで迅速に対応頂き、作品をご提供いただいた皆様に対してはほぼ1ヶ月間の「待ち状態」になってしまいました。この場をお借りしまして、これ一重に編集長の手腕のなさということで、ご了承くださいませ。しかし、完成後はマンハッタンとバンクーバーとロンドンと吉林とマレーシアに送りますので、これを機会に海外で活躍しておられる日本人のクリエイターの皆様やその仲間の皆様との情報交換にグイグイと触手を伸ばしていきたいと考えております。すでに、私の2008年のカレンダーはこの5ヶ国に年末送り海外の方からもお礼のメールが届いております。なぜ、「海外に情報紙を送るの?」というご質問・疑問も多いのですが、情報紙S.O.S.で世界を制覇したいから・・・ではなく、いろいろな文化や慣習をメディアを介さずにダイレクトに感じたいからです。この理由にはもっと多岐的な背景がございますが、それはまた、この展開をいろいろしていく中でひとつひとつ具体的に取り組む際に情報紙S.O.S.にご参画いただいているマスターメンバーの皆様だけにご案内させていただきます。
 ということで、明日から製本行程に進めますので、週末には発送の流れとなります。今しばらくお待ちくださいませ。
 次の第25号の表紙の方もすでに決定しているのですが、それはまたいずれ郵送やメールでご案内ささせていただきます。カッコイイ女性ですよ。で、次回第25号のテーマなのですが、このところずっと私の方で設定させていただいておりましたが、第25号に関してはある映像作家の方にメインテーマを設定していただこうと思っております。やはり、ひとつの脳で思いつくことは限界がございます。海外進出を果たしてわけなので、ここで新しいセンスでさらなる活性化をはかりたいと思っております。まだ、その方からはテーマについてはいただけていなので、到着次第に、まずはこのブログで、そして、メールでご案内させて頂き、次号参加をお願い・希望される方には通常の流れで原稿依頼書として5月末日頃に郵送にてご連絡させていただきます。
 また、このブログを見られて読まれて「情報紙S.O.S.」に興味を持たれたクリエイターの方は気軽にご連絡ください。できれば、岩手県・秋田県・群馬県・新潟県・三重県・島根県・鳥取県・山口県・愛媛県・佐賀県・長崎県・宮崎県・鹿児島県・熊本県の皆様よろしくお願いします。