第25号テーマについて。

 参画いただきましたマスターメンバーの皆様のお陰で情報紙S.O.S.第24号が完成しました。現在製本中です。ご参画いただいた皆様のお手元には遅くとも3月11日火曜日には到着できるように現在仕上げ作業をいたしております。今しばらくお待ちください。
 そこで、次の第25号(7月号)の予定なのですが、これまで、参加メンバーの皆様からテーマを頂いてそのテーマで他のメンバーの皆様に作品・情報を頂くという流れは過去に数回展開しているのですが、皆様からの声として「テーマ設定って難しいです!」「いいのが浮かびません!」という悲鳴が相次ぎ、結局、ここ数年は私の方で設定させていただいてきました。決して私も次から次へとテーマが出てくるというわけではないんですが、不思議と過去の傾向も踏まえて、それほどワンパターンにならずにテーマ設定ができてるんじゃないかな・・・と思っております。今回の「転ばぬ先の・・・」もちょっと、強引なところがございましたが、なになに完成してみれば、過去のいずれにも負けないぐらいの中身の純度になっていることに間違いはありません。自信を持って私のネットワークに配布・郵送・設置させていただく予定です。皆様も全国いたるところで、集合広告的なノリや一部の企業の啓蒙書的なフリペが見慣れている中、このつかみどころがなさそで意外とボディーブローが効いているというコメントが多い情報紙S.O.S.なのですが、もう、今回で24回、創刊から7年が経ちました。それなりに感慨深いものが込みあがってきますが、それはそれ、通過点としてこれからもゴリゴリと進めていきます。
 非常に前置きが長くなりましたが、第25号のテーマはこの方にお願いしました。まず、どんなテーマが出てきたかはさて置き、どのような方にお願いしたかについて、ご確認ください。そして、ご確認後は何でもいいのでこの方に対するコメントをください。疑問や質問に対しては私から必ず返信させていただきます。
 大阪在住の上球音(ウエマリイン)様です。20代の女性、映像作家です。

ウエマリイン公式HP