イメルマン優勝!

 マスターズが終わりました。前評判は圧倒的にウッズの優勢だったのですが、蓋を開けたらウッズは初日から苦戦。若手の数名が4日間をひっぱっていく構図でした。そして、結果、イメルマンのメジャー初優勝。凄かったですね。27歳のガッツポーズは目に焼きつきました。
 イメルマンは南アフリカの出身で大先輩にはゲーリープレーヤーがいます。母国の英雄であり、彼の父親のような存在であるG.プレーヤーからは常に「自分を信じろ」と言われていたそうです。目の前の一打に集中しろという意味でしょう。プレーヤーからの電話でこんなアドバイスがあったそうです。「パットを打つ前にちょっと間を置いて、もう一度ラインを読み直せ」と。しかし、昨年の12月に腫瘍の摘出で手術をして4ヶ月もたっていない。しかし、メジャー初制覇。本人の努力や閑静や能力もさることながら、心の支えとしてのゲーリープレーヤーの存在は大きいと思う。
 圧倒的な前評判のウッズを押さえた27歳は優勝の感想を「ジェットコースターに乗っているみたいだ」と表現していたそうです。う~ん、偉業には偉業にふさわしい背景があるんですね。その「偉業のジェットコースター」に一度は乗ってみたいものです。