いろいろ検討中。

books005.jpg
 CMSはWEBサイト運営の主軸になりつつあるのですが、それぞれいろいろな特徴のあるプログラムソースなのですが、それぞれ一長一短があります。機能的に優れていても設置する環境に微妙な違いがあったり、拡張機能の問題や適応性などの点でほんとにいろいろあって迷います。ソフトウエアを決める場合もPCとOSを決める場合も同じで迷いますが、結果的に何を優先するケースが多いかとなると、やはり、「コスト」とか「慣れ」とかというリアルな判断基準になる場合が多い。ビスタもそうですが、最新のモノを仕事に取り入れるタイミングも難しいですし、ソフトウエアやプログラムとなるとさらに難しい。逆に印刷物や広告媒体のように紙に仕上げる場合は、それなりにクオリティーや機能面で優先しなければ留意しなければいけないポイントはあるのですが、デジタルとアナログの境界線は人の感じる「慣れている」という感覚や、先入観にかなり依存しているように思います。
 ということで、ワードプレスは魅力的なのですが、「慣れている」という観点で、また、ムーバブルタイプのテキスト本を買ってしまいました。「習うより慣れろ主義」でもないのですが、絵に描いてあるケーキより手の平の上のパンのようです。勿論、いろいろなタイミングが密接に影響し合っているのですが・・・。