「おせん」いいっす!

osen001.jpg
 ここ数年のテレビドラマで一番いい。テレビと映画はやはり創り方が違うのですが、例えば「ガリレオ」なんかは原作がしっかりしているから、あとは、二人が自由に物語をひっぱっていくことで、あれだけの楽しさが伝わってきた。そして、映画になってもテンションはさらに凝縮されて、面白い楽しい映画になるでしょう。しかし、原作が映画用にならなければ、たぶん、緩くなる。二人のキャラだけでは100分をひっぱっていくことは難しい。よくある日本の映画のようになってしまうでしょう。
 しかし、「おせんちゃん」はそれほど俳優・女優が脇を固めているわけでもないのに、テレビにしては空気があり、国営放送さんよりも、物語の設定が厚い。その設定の中で自由な演技にみせて実は練りこんだ蒼井優ちゃんの演技がまたたまらんたまらん。若いのに着物が似合う、かなり強引な設定なのに物語に暖かい心が感じられる。しかも、松方弘樹さえ蒼井優ちゃんは飲み込んでいる。確実に。凄いと思いますね。この設定でこのキャラでどのような物語が進んでいくのでしょう。火曜日の10時はチェックです。

「おせん」公式HPはこちら