Shangri-La

miho_magazin.jpg
 MIHO MUSEUM通信の第21号が届いた。美術館のコンセプトはそれぞれですが、もしかすると、ここは本当に意味でのシャングリラかもしれない。何回も行きたいと思える美術館は少ないが、ここは1年に一回は訪れたくなる美術館ですね。