Andrew Wyeth

Andrew_Wyeth.jpg
 こちらがWEBサイトに公開されているワイエスの代表作品です。最初にワイエスの作品に出会ったのは東京の古本屋で画集を見つけた時だったように記憶していますが、それから、ワイエスの作品にはずっと心を奪われています。20代に見た作品の印象と30代と40代の印象が違う。あまり絵画を観賞するときに「何故?」とか「どうして?」などという印象が浮かぶ時、極力抑えながら感じよう感じようとするのですが、ワイエスの作品については、画集を見ている時は常に「なんでこれだけ心が動くのだろう」と考えてしまいます。考えさせる何かがあるからなのでしょう。ワイエスとヴィルヘルム・ハンマースホイの比較もまたオツなモノです・・・。