PLUTO第6巻

 そうかそうか、そういう展開なのか。浦沢さんの解釈は大きい。大きすぎる解釈と絵の力がこれほどひとつの作品の中にこのような手法で1mmの隙もなく展開されると、読む側はただ共鳴したいという願いだけで胸が熱くなる。昨今、共鳴できる事象がことのほか少ない。思考において否定を先行させても生産的なパターンではないので、まず、飲み込むことに挑戦している。しかし、明らかに飲み込めない情報が氾濫しているように思います。でも、時代と共にありたいと願うので飲み込む訓練をしなければと思います。視点を変えると違ったシルエットが見えることもよくあるので、オブジェクトが見えにくければ自分の立ち位置を変えてみる勇気も失いたくない。そこに立って通り過ぎる万象を傍観するよりも、その中に紛れて会話し肩と肩をぶつけながら自分の方向を見つけたいですね。そんな気持ちになるPLUTOの第6巻でした。さて、次はそろそろ、ナルトの最新刊です。楽しみ楽しみ。