「崖の上のポニョ」には何があるのでしょう?

 日本が創出するアニメ文化は世界の中において本当に一目置かれている存在か否かについては、実証する手法がありそうでなさそうなので、軸足の置き場に困ってしまうわけですが、当の日本人はアニメ文化について少なからず自負を抱いていることは確かに共通項として存在する。押井守さんが昨日いいともに出て新しい映画の宣伝活動をしておられたが、短い時間ではありましたが、監督の監督らしさという存在感はその仕草や飛行機への夢や犬についてのこだわりなどたくさんちりばめられていましたね。
 昨年の今頃、何かの番組で宮崎駿監督が「崖の上のポニョ」のイメージボードを描きながら映画を構想しておられる姿を構成したテレビプログラムを観た。宮崎監督は構想をまとめるために訪れた別荘のような建物の中とその近くの滞在先で、新しい映画のイメージボードを水彩画で次々に描き、それを、その別荘のような建物の壁一面に張り出して物語のワンシーンワンシーンを描き出しておられた。そのイメージボードがある程度固まった段階でジブリの精鋭の方たちがその別荘に召集され、宮崎監督から直接新しい映画についての構想案を聞かされるというプログラム。その監督へのインタビューがまた監督に対してあさってな質問ばかりして、監督がテレビの中でイライラしておられた。おいおい、インタービューアーさん、貴方はどこかの教授でしょう、事前に予習はしてきてるはずでしょう、なのに・・・。もしかして、純粋に緊張しているのですか?でも、その切り口と言葉のチョイスはないですよね。という茶番だった。まあ、それはおまけとして、宮崎監督は映画の始まりはこんな感じ、って、水彩絵の具で赤い小さな人魚を描いておられた。それは、まるで、少年が夏休に入り、開放感と緊張感の中、夏休みの絵日記の第1ページ目を描いているような表情だった。
 さて、その映画がもうすぐ公開。あの歌、あの表情、一回観たCMでもう釘付けです。さてさて、この映画にはどんなマジックを仕込まれたのか・・・。そして、この映画を観た日本の子どもたちは10年後、20年後、この国でこの映画を観たことをどう回想するのでしょう。とにかく、楽しみ意外の何ものでもない映画なのである。

comments

ポニョのインタビュアーって
NHK「プロフェッショナル」の
茂木モジャモジャ頭とNHKの女子アナじゃないですか?

ちがっていたらすみませんが、ボクもこの番組を見ていて、
「宮崎駿が怒りだすのでは?」とハラハラしていました。
インタビューの内容がVTRで知った事実を
繰り返し聞いているだけなのだもの。

※同じくNHKのインタビュー番組「トップランナー」も
そうとう薄い番組だと思っています。

  • O.T
  • 2008年07月07日 07:39

That's right!です。
さすがですね、やはり、あの番組はチェックして
おられたのですね。う~ん、さすがです。

あの二人、かなり、番組のプロデューサーも
厳選しただろうに・・・。あのキャッチボールは
茂木さんと女子アナが悪いのではないですね。
たぶん、あの番組を構成したデレクターのつめの甘さが
あのインタビューの構成に露呈されたのだと思います。
二人はそれをアレンジなしでしゃべっただけでしょうね。

逆に宮崎さんが怒り出すところを期待したぐらいです。
宮崎監督もギリギリの状態だったように感じました。
という意味でとてもエキサイティングなインタビューでした。

トップランナーも素晴らしい人が登場しているのに、
その深いところがインタビューアーの
ポテンシャルのなさでプラマイ0むしろマイナスですね。

NHKさん、なんとかそのあたりを・・・。

  • khuz
  • 2008年07月07日 07:56

「トップランナー」、久しく見ていないので
現在もそうかわかりませんが
歴代インタビュアー全員、相手に質問を投げっぱなしで
会話のキャッチボールをしないのは、
そういうお約束になっているのでしょうか?(笑)。

山本太郎は30%ぐらいしか力を出していないのでは?
もっとしゃべれる人だと思うのですが。
編集されてしまっているのですかね〜。

  • O.T
  • 2008年07月07日 12:57

確かクイズ番組の答も脚本にあるとかないとか。
私たちはクイズ番組を観ているのではなく、
悲しい喜劇を観ているという意見も
あったりなかったり。

相手に質問をなげっぱなで、
かえさねぇ~みたいなのって
あるいみこのチャンネルでしか観れないので
「いいもん見たなぁ~」という見方も楽しいです。

例え、甲本ヒロトさんがインタビューアーで、
忌野清志郎さんがトップランナーだとしても、
編集されているような・・・。

  • khuz
  • 2008年07月07日 14:49

comment form

(スギノのノギス にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form