創設者の意思。

 サーゲイ・ブリンとラリー・ペイジはgoogleの創設者である。その意思は10年間で地球を半分飲み込もうとしている。すべてのタイミングがすべてのベクトルが「共有する」というキーワードでひとつの方向に向かった時、「多様性」さえも飲み込み、「企業の在り方」さえ震撼し体感するユーザーを凌駕する。情報の本質に触れることとは・・・と考えを巡らせようとする時、googleはタイムマシンになる。それをひとつひとつ紐解くことをここで語るより、いかに軸をひとつにしてチェーンリアクションを派生させ続けることが価値があるかについて考え動き創る事のほうが、この二人の創設者へのリスペクトになるのではないだろうかと思う。昨日はそんな素敵な2時間でしたね。