長浜力研究所構想。

 全国、全世界にはそれぞれの市や街単位でそれぞれの歴史や文化をベースに「街づくり」や「地域教育」などの運動や事業を展開するコミュニティーが存在している。その規模は巨大なモノもあれば、小規模な団体もある。いろいろな季節にいろいろなコンセプトを構築して展開・継続される事業・イベントが歳月を重ねる毎に定着し、それ自体の価値観がさらに大きな渦となり、活性化や安らぎや期待感を創出し始める。それ自体はたくさんの関係者の皆様がひとりひとりの想いや願いを共有する目的でスタートしている。
 共有が共有を生む過程で初志が色褪せないようにしなければいけない。しかし、規模やボリュームを維持することが難しい時代です。手法が目的にならぬよう、何がはじまりで何がゴールなのかをその都度少しだけ立ち止まり確認することも共有するためにも、固定化しない概念の集まる場所があればいいと思います。ピースを集めて大きな絵を組み立てることも、集まったピースをバラバラにすることもそれほど難しいことではありません。何故組み立てているのか、何故一旦バラすのか、その理由や背景を共有できていれば、それは、とても生産的な概念として意味があると思います。
 意識の中に偏在する概念には常に先入観や別の価値観が入り乱れ「迷い」が生まれます。時にその「迷い」も必要だと言えるほどその入れ物が成長した時、それを傍観する人、その中に入りたいと感じる人、そして、その中で軸を支える人、それぞれが、何かを共有するきっかけとして長浜力研究所が存在すればいいなぁ~と思うのです。

長浜力研究所公式WEBサイト