もうしばらく。

 いつもお世話になっております。情報紙S.O.S.第25号の原稿依頼書を只今作成中でございます。金曜日頃にはなんとか発送をしたいと考えてておりますので、よろしくお願いします。今回のテーマは「カタルシス」です。何を持って昇華とするかそれぞれの切り口で作品をお願いします。今回の第25号は私のスケジュール管理不足で本来なら7月1日号として発行していなければいけないのですが、どうやら、このペースでは10月1日発行予定となりそうです。暑い夏もようやく終わりそうですので、日々お忙しいことと存知上げますが、そして、ちょっと難解なテーマかもしれませんが、原稿依頼書には私なりにこの数ヶ月構想してきたこのテーマに対する答を補足説明として記載させていただく予定ですので何卒よろしくお願いいたします。
 もしかしたら今回は、「SOS」というタイトルに一番近いテーマ設定かもしれないと思っております。この数ヶ月、仕事やライフワークのことでいろいろ頭の中で反芻してきましたが、日常レベルの思考パターンからは少し距離のあるテーマです。もし、原稿依頼書が到着しても、「・・・」という方はこのブログでも、メールでも携帯でも連絡をくださいませ。「カタルシス」グーグルで検索すると、「辞書には下記のとおり記載されているが、俗に音楽や文学、演劇などの連続性のある芸術作品において、あるポイントを境にそれまで準備され蓄積されてきた伏線や地道な表現が一気に快い感覚に昇華しだす状態や、またその快い感覚のことを正式用法の「抑圧からの解放」になぞらえてカタルシスと表現することも多い。」が1番にヒットしています。何を指して抑圧なのか?何を指して開放なのか?というちょっと哲学チックなテーマです。ここでこそ皆様のポテンシャルとポテンシャルがガチな第25号になるのではと期待しています。私もかなり、かなり、このテーマを反芻しましたので、余計な思考を取り除きシンプルな作品にしようと思っております。

comments

編集長いつもご苦労様です。
少し心配してました。

もう、富士山の頂上はかなり寒いんでしょうね~^^

  • 和歌山のおいさん
  • 2008年08月22日 07:11

ほんとにごめん。
第25号の準備をしなければしなければと
思いながら、ほんまに余裕がない。
今年は1月1日から仕事をしていますが、
個人的に休んだという日は
おいさんたちとゴルフした日ぐらいです。
あとは、仕事以外にも参加しなければいけない地元の事業や
PTAがらみで時間の予定をたてよにも時間が
作れない状態が続いています。
現在進行中の企画・仕事、そして、見込みの提案物、
さらに、お声をすでにかけていただいている新規様。
約30件の物件のことが常に頭の中で動いています。
大きい物件もありますし、魂を込めたい仕事もあります。
ほんとに自分が7人いたら助かるのに・・・。

そんな愚痴を聞いてくださるのはS.O.S.の仲間だけ。
そんな気持ちを「カタルシス」にぶつけよう!と
無理苦理にモチベーションをひねり出しています。

ご協力よろしくお願いいたしますね。

そんな中、富士山への野望が日に日に大きくなる。
「無理かなぁ~」「絶対に行く!」のジレンマです。
頂上は気持ちいいだろうなぁ~~~~!

  • khuz
  • 2008年08月22日 08:09

comment form

(スギノのノギス にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form