TickTack(チックタック)と・・・。

 トキハカネナリという言葉がある。ヒト、モノ、コト、カネというファクターはすべて「トキ」の中で動いている。それは相対性な時であっても、生まれて死ぬまでであっても、意識が「トキ」というベクトルに向かっていれば、ヒトもモノもコトもカネも整理できると思います。だから、時こそが価値があり、それを表現する言葉として「金なり」という言葉が成立しているのだと思います。時計が刻む時間は太陽と地球の関係がありますが、この地球で生まれた生物の中にある体内時計の原点はすべて太陽と地球の自転に関係があり、進化の過程で必然として一日という単位が設定され365日という期間が設定された。四季も日本の場合は偏西風や自転の角度がすべての根本ですから、自然科学的にも「時」はすべてを支配していると言えなくない。逆にそれ以上何があるのだろう。
 で、大義名分や夢や思想は大切ですが、まぁ、それはさて置き人はTickTack(チックタック)と生きるべきなのだと思いますね。

長浜のまちづくりに湖北住民の声を 戦略会議が無料紙を創刊