ヴェルヘルム・ハンマースホイ展at上野

ueno081002.jpg
 昨日は上野の国立西洋美術館にて「ヴェルヘルム・ハンマースホイ展」に行ってきました。あまりもの感動にまだ心の中を整理できていない状態なので、あと数日しっかりとその時の感動や感激を反芻してから少しづつ記述していきたいと考えております。というぐらい素晴らしい展示会でした。いろいろな絵画の原画を観てきましたが、その場にいるだけでハンマースホイの一筆一筆の痕跡に見入ってしまいこの絵を描いている彼の空間が頭の中にイメージしてしまいました。なかなかこのクラスの展示会が滋賀県ではないのでほんとに素晴らしいタイミングでした。やはりいまさらですが、「絵」という存在感の素晴らしさに、そして、「絵」に近いところに自分の人生を置けるということの嬉しさに浸っておりました。皆様もぜひ!機会があれば芸術の秋、上野の国立西洋美術館へどうぞ。