グーグル・クロム。

 MacOS上のインターネットエクスプローラー(IE)でかなり痛かったのに、Winでも実はボチボチIEが痛くなってきそうな予感です。まぁ、どんどん、何ごともユーザーを無視してバージョンアップすればいい!のですが、結構現場の人は「こいつは痛いなぁ~」と感じているのではないでしょうか?そのような都合の悪いことだけはリサーチせずに新しいこと新しいことっていっぱいいっぱい取りこぼしているモノ、あるんじゃないの「Mさん」って感じ。あるCMSプログラムを設置したら画像がアップロードできねぇ。ってことでいろいろリサーチしたら、なんと、IEはダメ、PERLのバージョンを上げる、なんとかかんとかって対処方法が書いてあった。サファリはいいらしいが、IEはダメ。ほんとに痛いですねIE。どうなんよ?やる気ないの?って感じ。私のような末端の末端の人間の希望なんて対応の対象ではないかもしれないが、そのような立場の人は結構多いよ。世界中で考えても多いはずですよ。なのに、スルーしてるのか、手に負えないで白旗なのか?やるならやる!やらないならやらない!とはっきりしてください。
 確かに、サファリなら送れるじゃないですか。何がどうだからこうなるのかは知りませんが、もっと、うまいことやってくださらないと困りますね。
 で、ある方から教えていただいたこのブラウザも最近試していますが、なかなか快適です。ブラウザに求めるものってかなり機能的にも汎用的に多くなってきてますし、キャリアも複雑になってくるから、テクノロジーも安心できるブランドがいいですね。となると、まわりまわって「Aさん」になるのか?代行は現れるのか?とにかく、「グーグル・クロム」は非常によさげ。

http://www.google.com/chrome/