長浜力研究所公式WEBサイト開設!

nll_gamen.jpg
 先行して長浜みらいまちづくり事業委員会よりフリーパーパーTickTack(チックタック)が創刊されました。それを包括する部分での長浜力研究所の本体でもあるWEBサイトが本日から公開になりました。内容やコンテンツはこれからいろいろな県内外の方からの強力でガンガンと盛りだくさんになり充実していくことを目指して、20年後の長浜を皆さんで考えましょうというメンインコセンプトの公式WEBサイトです。本体のコンテンツページと合わせて、現在4つのブログソースが設置されております。いずれも、ムーバブルタイプ4.12(最新Ver.)とワードプレス2.6(最新Ver.)を同サーバに設置して、本体のWEBサイトとのデザインフォーマットの連携を図っています。この機能の目的は更新頻度の比較的少ない固定ページは従来の技術であるFLASHやHTMLで構成し、更新頻度の高い性質のページはブログソースを活用するという仕組みになっています。それぞれの長所を運営方針や今後の展開を推し量った上でのフレーミングになっており、FLASHやHTMLではデザインやインターフィエスや動きなどを吟味・微調整できる上、動的なリッチコンテンツとそれにマッチしたインターフェイスを構築・デザインできるという理由で選択しています。一方、CMSを活用しているブログ部分では、記事やページや写真などの更新頻度が高くなるであろうと想定されるコンテンツ部分です。また、ブログの特長である、コメント機能を活用して情報の発信だけに終わらない、相互の情報交換やコミュニケーションをインターネットを通して展開できるというフレーミングになっております。それぞれに特長のあるテクノロジーを双方の目的にあわせて活用・適用しています。一般的に無料で利用できる「無料ブログ」は¥0はとても嬉しいので、個人的に楽しむなら非常に有益なのですが、せっかく日々の最新情報や日記を記述してもその文字データが借り手側のサーバに溜まるために、いわゆるエンジン対策のことだけを考えたり、あとあとの文字データの管理を考えると、会社単位や何か公的な機関の場合は適切とは言えません。また、「無料ブログ」はとても簡単で自分自身も利用・活用しているのですが、用意されたインターフェイスデザインが緩いというか、好みではない場合が多い(というか好みのデザインに出会えたことがない。)。皆さんもいろいろな方のブログを閲覧していて、「なんとなく無料ブログのデザインだなぁ~」とか「ああ、このインターフェイスはどこどこの無料ブログだな!」とか、たくさんブログに接している人だったら、なんとなく感じてしまうのではないでしょうか。それが、「設置型ブログ」の場合、デザインは知識や技術は必要ですが、自由自在なのです。この2点の理由から長浜力研究所のブログ機能部分は「設置型」を選択しました。
 で、運営者サイドも有益で新鮮な情報を常に進行形で発信していかなければいけないのですが、お問合せやご意見や感想などを受信してそれに対して誠意に対応できる組織づくりがホンマルのようです。作って公開すれば終わりのWEBサイトにならぬよう、一研究所スタッフとして気合を入れていきたいと思っております。

長浜力研究所公式WEBサイト