留学のススメ。

overseas_education01.jpg
 現在、WEBサイトのリニューアルをさせていただいている東京の出版社(広告代理店)様のご担当者様から送っていただいたメディアの資料です。田舎(福井県)の小・中・高校だったので、「留学する」という意識は今思うと0%でした。が、自分自身この頃にヨーロッパとかアメリカに行って短期間でも留学していたら、多分、人生観は変わっていただろうと思います。ただ、外国語を勉強するという目的にしても、日本の義務教育の英語と向こうで学ぶ英語は別物。それをやわらかい頭の時にしみこませられる環境にいたら、ただ語学だけではなく、いろいろな社会や文化に対する視点が視野が多く広くなっていただろうと思います。しかし、担当者の方とお話をしていますと、現代では留学という考え方も日本の教育の現場や一般の意識の中に薄れかけているらしい。ある限られた方しか現実には留学をできない環境・社会の仕組みになっているとのこと。
 で、これから日本はどこに行くのか?という壮大なテーマに相対する時、「留学」というアプローチは有益にフィードバックしてくる時間的・費用的な投資だと思います。できるかできなかではなく、今だからこそ、こんな時代だからこそ「留学モード」は「ある」と思います。WEBサイトのリニューアルが完成したら、また、このブログでご紹介・ご案内させていただきます。