どういう意味だろう?

 「「いまどきのマックはウィンドウズも使えるんだって。」そんな安心感からMacの世界へ飛び込んでくる人たちが増えています。もちろん、今まで使っていたWindowsPCからMacへ移行する人もいれば、併用する人もいます。本誌は、そんな両側面を併せ持つ最強の「共有・共存・共栄」本です。」というメルマガが届いていた。あるパソコンの専門誌の編集局からの定期的なメルマガの中にである。この場合の「Macの世界」とは何を指しているのだろうか???とふと考えてしまいました。増えているということは以前は少なかったと認めている。移行する人と併用する人がいるということの利点をなぜ語る必要があるのだろうか?仮にWinの書籍でこの逆のお話はあまり聞かない。つまり、そういうことなのでしょうね。正確には「共有・共存・共栄」とはある一方の視点から見ると完全に「依存」である。企業が同じような言葉を使うが正確に「融合」などありえないのではないでしょうか。
 で、PCに関わるユーザーの皆様の考え方はどうなのだろう?「Macが好きです!」という方と「Winしか使ったことがないので・・・」という方の決定的な違いは何だろう?そもそも、私自身が最初にDTPを始めた時、アプリケーションがMacしかなく、PCでデザインをするにはMacしかなかったからMacを使っただけなのである。選択肢がなかった。しかし、Winが世の中に出て、一般的に活用されはじめた段階では特に興味はなかったのですが、WEBコンテンツを作成するようになってから、Winの底力を知ることになる。それから、言わば「共有・共存・共栄」型のスタイルになりました。この場合も、大袈裟な大意や決意はなく、自然と今のスタイルになりました。だから、あまり、MacとWinの特徴は?とか違いは?とかコンセプトとは?とか考えずに使いやすいと思う方を使ったらいいと思います。しかし、あのCMはかなりWinユーザーの憤慨を買っていたに違いない・・・。