成功と失敗の話。

 これは目からうろこが剥がれた。この短い言葉にその世界の全てが包括されているように思えた。そもそも日本語の表現力は乏しいと思っている。語れば語るほど綾が整わない言語だと思っている。だから、雄弁な方との話に結論を感じることができないし、言い切るタイプの人には真意が見えづらい。でも、言の葉ということだから、重ねることに意義があるとも考えられなくはない。ひとつの言葉に意味や背景をどれだけ付け足してもそれ自体・本体の質量は同じなはずである。
 で、この言葉はどうだろう?「成功と失敗に操られることなく、成功も失敗も現実だと思いたい。」