焼きカレー!?

 テレビのグルメ番組にはあんまり興味がない。いや、と言うよりも舌が肥えていないので、反応することができないが正しい。だから、一般的な高級食材の食感をグルメレポーターの方がいろいろな言葉で表現して「まるでああだの~」「この味覚はこうのだの~」と言われても全然ピンときません。あんなにいろいろな高級食材をテレビで放送しても一般の方はやはり「よし!ここに行くぞ!」とか「なるほどなるほどこの素材をこう調理したらこんな味になるのか・・・」とかガッツリ反応されているのでしょうか?おまけにワインやお酒との組み合わせを語られても・・・。どうも反応できるメニューは「しょうが焼き」「うな重」「トンカツ」「うどん」「そば」「ラーメン」とかなり価格的にゾーンが限定されてしまいます。「ふぐ」とか「キャビア」とかって生まれて・・・数回・・・レベルなので、どんな味だったかも忘れてしまいました。
 でも、そんなテレビのグルメ番組の中で(グルメでもないか・・・)、食べてみたいと強く興味を持ったのが「焼きカレー」でした。なにやら、どこかの県では街じゅう「焼きカレー」らしい。これは食べたい。そのうち長浜にもそのタイプのお店ができたらチェックしたいと思います。にしても、スイーツや料理もヒット商品が出たら今はインターネットの口コミでイッキにブレイク。う~ん、カタチのある商品を売れるビジネスが羨ましいと思う瞬間である。「デザイン」とか「WEB」ってカタチがないので、ちょっとしたアイディアで何かのタイミングでブレイクするってな商品ではないので辛い。が、その分、価値がるのだと開き直りたい。「生キャラメル」の苦労話もさることながら、あのブレイク感はやはり羨ましい羨ましい。