世界遺産。

green001.jpg
 長浜の市内でも世界一周108日の旅!というポスターを見かける。価格は全世界の世界遺産を豪華客船で周遊して148万円。これが高いのか安いのかは別として、少し気になる。到底、あとこの10年間、この船に乗ることは120%ないとしても、いつか・・・と妄想していまいます。いいだろうなぁ~と。10年後なら宇宙旅行も一般の人が行っているだろうし、そういう意味で人間のテクノロジーとあくなき貪欲なベクトルは大気圏を越え大海原を渡るというわけ。一方で深刻な問題も多発している、世界経済にも大きな亀裂が生じているような、それが、発展途上の国に落とす影は大きいはず。しかし、目の前の亀裂に目を向ければ日本国民の雇用の問題はかなり深刻である。どれだけ日本がCO2を削減しようが、エネルギー問題の技術が進化しようが、同じ目的意識のベクトルを共有しながら全国民が国力を維持・発展することはできない、できるはずはない。が、メディアでは相変わらずの「豪華食材グルメ番組」「机上の理論のお茶濁し討論」「7つの大罪系のゴシップ」が反応対象である。メディアの迷走は止まらない。
 で、でも、否定的なことにばかりストレスを感じて大切なモチベーションを浪費することはしたくないので、自分のペース配分で歩いていきたいものです。いつのころか企業が社会的責任をどうのこうのと言い出してからおかしくなっているような。「社会的責任」とは概念であるはず、「もち」でも「デザート」でもないはず・・・。