大人のバンド熱。

 なんか大人のバンドブームがかなりヒートアップしているらしい。日経新聞にデカデカと記事が掲載されていました。ふう~んって感じなのですが、確かにいいとこをついている。などと他人事のように言っているが、実は私自身もバント活動を開始していて(まだ、初顔合わせ的な飲み会だけなのですが・・・)このところ個人練習でひさびさにしっかりとレスポールを鳴らしています。初顔合わせからほぼ1ヶ月が経ち、ようやく、左手の指の腹が硬くなり、しっかりとポジションに指が入るようになってきたかな・・・という状態。毎日ではないですが、右手もしっかり6弦の間を行き来するようになりました。あとは、練習曲のリズムやフィーリングを練習前に鳴らして初音合わせ。しかし、元来ギターなんて適当でいい、逆にフィーリングが大切だとあるプロの方に聞いたので、下層レベルのアマとプロの「フィーリング」の大きな溝は意識せずに、フィーリングで楽しみたいと思っております。しかし、バンド形式でやる以上、音はしっかりと出さなければいけないので、まだ、アンプもエフェクターもつながずにしっかり弦が鳴る状態まで仕上げておかねば・・・と思って毎晩練習しています。ようやく、基本のスケールに両手が合ってきた状態。しかし、リズムセクションと合わせた時に同じようにリフやバッキングやソロパートがリズムに合うかどうかが、これが、なんとも未知数で楽しい。たぶん、この楽しみの味をしめた方たちが「大人のバンドブーム」を支えておられるのでしょう。
 で、U2のライブDVDを見て、やはり、フェンダーのテレキャスが欲しくなった今日この頃です。