「変」か・・・。

 2008は「変」だったらしいが、「変わった」のか「変わらなかった」のか「変わるべき」なのか「変わりたい」のか。これも漢字の不思議なニュアンスであり、一年を象徴する漢字一文字というのを決めるというのも何か意味がありそうでないような気がする。それも踏まえて文化であり慣習だと言ってしまえるならそれもそれで納得と言えば納得。しかし、それでこの景気と経済状況に対して根本的な・・・などというお話にならない。それで臨時雇用を増やしてヨーロッパの経済はどうのこうのと語ることこそ変わらねば。しからば、この国とは何なのか?20年後のこの国の世界における位置とはどこを目指すのか・・・なのである。個人レベルで様々なサインというか信号が「見えている人」がいる。その方たちの想いは以外と冷静である。自分の足で立っている人というか、いつでも、世の中の基準と自分自身の価値観の距離感の見極めを日々怠っていないというか。このお話はまだまだ続くので、いずれ。
 で、「変」ってなんかとても変である。