TOOさんのセミナーに。

adobe_info002.jpg
 ということで、昨日は午後2時から午後5時まで3時間、株式会社TOOさんのCS4セミナーに行ってきました。京都駅前の「キャンパスプラザ京都」という建物の4階でした。なかなか、いろいろなイベントの情報や設備のある施設でした。やっぱ、京都の駅前は違うなぁ~という感じ。今頃になって、駅前の掘り起こし工事をしているどこかの駅とは月となんだろう~?
 で、会場に行くとアドビの方が2名おられて、株式会社TOOの方が受付をされておられました。いつもお世話になっているK氏から予定をお聞きして会場内へ。で、頂いた資料の中のノベルティーがこれ。まぁまぁ、ベタなどこにでもある3色のボールペンですが、アドビのロゴが入っているだけで、う~ん、悔しいけれどなんか気持ちがちょっと上がる自分がいる。セミナーの冒頭で聞けばイラレのバージョン1.0が日本に入ってきたのが、1987年ですから、22年前。つ~ことは、22歳でイラレの英語版のマニュアルとモノクロのモニターと格闘していた時期だから、アドビの歴史の日本での最初の1ページから参加できているということになる。そう考えると22年の歴史は日本のDTP文化の歴史だと言ってもいい。そして、バージョンが14.0である。いろいろセミナー中に新機能を拝聴したが、とてつもない進化だと感じるのか相変わらず余計なものが増えたかと捉えるかはまだ自分の中で整理できていませんが、22年を歴史は日本のクリエイティブ業界に強烈な軌跡を残したと言って間違いないだろうと思う。その恩恵にどっぷりとつかっている私はやっぱり「アドビの子」なのかなと思う。だから、こんなベタなボールペンで心が動くのだろう。