CS4のインターフェイス。

 早速CS4のイラレとA.E.を軌道、下位のバージョンと比較しているのですが、これがなかなか手に馴染ますね。インターフェイスが工夫されているというか、とてもシンプルになっています。従来の「直感的」な下位のバージョンのユーザーの使い勝手を充分に意識された配列になっています。これはいい。たぶん、マクロメディア系のソフトだったものと従来のアドビさんのソフトウエアとの連携もデータの互換性もさることながら、インターフェイス上でもシンプルにツールが配列されているだろうという印象がありますね。また、このブログでそれぞれのソフトウエアを使いながら、WEBやマガジンで公開されている新機能の部分をひとつづつ確認していきご報告させて頂きます。かなり吟味された感じがありますし、吟味したとアドビさんが言っているので安心して取り組めそうですね。こうなると、次の欲として、デバイスを充実させたくなりますね。まだ、MACにはインストールしていませんが、WINとMACとの比較などもしっかりとしていきたいと考えております。しかし、ツールである以上、どう活用できるかという部分が一番重要になっていくわけですから、クリエイティブツールとしてのCS4がどこまでツールとして便利かという視点でまずは現在取り組んでいるWORKで活用してみたいと思っております。これがいわゆる「高いけど安い!」という感覚なのかもしれません。