mixiさぼり気味!?

 一時ほどmixiに日記(ブログ)を書かなくなった。というよりも、全然最近投稿していない。その一時というのもほんとに一時で、このブログはけっこう時間もないのに時間をみつけてゴリゴリと書いているのですが、どうもmixiに書く気力が少なくなってきていることに気がついた。同じブログなのに、あちらはSNSで反応もあるし、コミュニティーも充実しているし、いろいろなネットワークサービスもあるのに・・・なぜだろう。そもそもなんでも飽きっぽい性質の私は、あれだけあこがれていた東京での生活が4年続かなかったし、前の職場もいい仕事ばかりさせていただいていたのに(かなりハードではありましたが・・・)もかかわらず同じく3年~4年で、「なんか違うぞ・・・」モードになってしまった。つまり、よく言われる石の上にも3年というのが悔しいが当てはまるような回帰をよくしてしまう。が、昔なら3年が今の時代はなんでもかんでもスピード時代だから、歯をどれだけ食いしばっても合わないベクトルは合わないと結構粘ることなく飽きてくることが多い時代とも言えるのではないでしょうか。多様になった多様になったと言いながら、実はハイリスクハイリターンの幻想を追いかけている!?変わらなければ時代に取り残される!?的なあやふやな危機感に唆されてるなどとも思うのですが、そんな時代だからこうあるべきだというポリシーは一滴もないので全然気にしていません主義のつもりが、実は結局とどのつまりが今に流されているのかもしれません。気がつけばmixiは5周年を迎えていた。それはそれでおめでとうではあるが、もう、あまり、私の中ではmixiだからヒートアップする感覚はない。
 で、そんな3年サイクルの末、何をどうやりたか。それはじっくりと自分と向き合いたいと思うようになり、お仕事でもお世話になっているお得意様と機会があるたびにじっくりといろいろなお話をしてみたいと考えております。忙しい不景気な時代にじっくりとお茶しながら、世間話も何なのでが、それでも、時間があれば、日頃考えていることなどを、手前みそにならぬように、そっとたずねてみたいと常々思っております。年間、いろいろなプレテばかりしていた時期はいかに短時間でいかにコンセプトを分かりやすく印象的に伝えようなどと若造が一生懸命に粋がっていたが、それも、いい糧になっているし、逆にゆっくりじっくりまったりとこの40代を過ごして、50歳の大台で大きなチャレンジをしたいとも考えている。何かの書籍で頭で思うことはすべて実現可能だと書かれていた「甘いささやき」を鵜呑みにしている。こんなベクトルのことも気楽に書けるこの個人ブログがなんとも心地いいのは何故だろう???
 mixiの「日記でマイミクシィに近況報告!」って言われても・・・、なんかめんどくさい。