ルパンとコナン!?

 昨日、実に奇妙なアニメをテレビで観た。それは、なんと、ルパンとコナンのコラボレーション。開いた口がふさがらない状態である。何故なのか?いろいろ考察してみたい。これはかなりの一大事である。
 まず、このプロジェクトがテレビの編成で起案された経緯はどうだったのか?この企画はコナンサイドから持ち上がったのだろうか?それともルパンサイドから持ち上がったのだろうか?それとも、コナンもルパンも表面的にしか知らない方がこのアイディアをここまで現実にしてしまったのだろうか?
 まず、コナンサイドならなぜもっと物語をコナンワールドにしなかったのか、設定や登場人物をリアルにしながら、コナン独特の世界観を通して伏線や登場人物のバックグラウンドをしっかりと設定しながら、魅力ある展開をできたはず。そして、どこかでルパンを絡めればいい。そして、ルパンサイドならもっとおしゃれにテンポよく脚本があったはず。ルパンの独特の登場人物とそれと対比させるような相手を設定した中でどこかにコナンを絡めてくればよかったのではないだろうか。どちら派でもない、思いつきプロデューサーなら、もっと、二つのキャラをどこかで思いっきりぶつければいい。50:50にするなら、コナンとルパンの個性をしっかりと把握して、ぶつける方向での脚本にしなければ、こうなっちゃいますよ。たぶん、よくあるゲームのなんとかキャラバトル的なノリで物語を作れば視聴率が稼げると踏んだのでしょうね。もう浅い浅い。この仕上がりでは、コナンファンもルパンファンもブーイングの嵐でしょう。というよりもこれはスルーモノ。このような取組みがあったことを早く忘れたい気分でした。ほんとに残念。
 で、やはり、テレビプログラムはどこか苦戦している感じがしますね。そして、お互いの名場面のワンフレーズを引用したり、名シーンをオマージュしたりで、なんなんだいこの仕上げは!という代物でした。どこを切っても何も出てこない不思議な時間を過ごしてしまった。もしやこれが狙いなら起案者の方の狙いどおりでしょうが、これを狙っていたなら、もっと、別のどうでもいいキャラでやってください。
 ルパンだけは、ルパンだけはこんなところに引きずり出さないでください。