Step by step.ですね。

 何事も一歩一歩進まなければいけないですよね。この場合の「何事も」の部分、いろいろあるのですが、お仕事で言えば、デザインとソフトウエアの関係です。ソフトが使えるからデザインが出来るではないのですが、デザインが出来るならソフトもできるでもない。また、ソフトが使えるとデザインが創れるも同位ではない。まずはデザインからということなのですが、自分自身、学校でデザインを学んだ期間はなく、最初(23歳の頃)に新宿の事務所でカレンダーの版下を修正したことが生まれて初めてのデザインの仕事。そこからいろいろな方やお客様にもまれてもまれてもまれてもまれてもまれて、そう、新茶のようにもまれて今日がある。そう思うとStep×928,6881,3362ぐらい。そして、例えばイラストレーターで言うなら小さい12インチぐらいのモニターに英語のマニュアルでモノクロ画面。そして、今ではビックリするようなツールボックの「ペン先」と「円形ツール」で禁煙マークを作成していたとこから、現在(CS4)に至るまで、どれだけの試行錯誤があったことか。しかし、デザインもイラレも何かひとつづづ整理して身についた感覚はない。それこそ、まだ本当に身についているのかさえ不明で未知数なのが実感。だから、正確には目標設定ができないまま、ただ、進んできたとしか表現できない。しかし、デザインもソフトウエアも数知れない失敗を繰り返し、次は失敗せずに効率よく、もっと、希望されているデザインを、もっと、希望されている以上のデザイナー・クリエイター・アーティストなりの仕事をしたいと繰り返してきたことが、小さい石ではあるが、礎に糧に経験値になっているような気がする。
 で、このWEBビジネスの世界からマルチメディア・クロスメディアの世界ででも、たぶん、どこにも最適なテキストなどないだろうから、一歩づつ、自分のスピードでいつもの感じでいろいろ失敗を繰り返し、ノウハウをチップスをギアを増やしていきたいと思っています。
 次は何が何でもRIAである。