GOGHが東京にやって来る!

gogh001.jpg
 フランス近代美術館の精華を一堂に集めたパリのオルセー美術館から「後期印象派」の作品が2010年の春から夏、東京にやって来る。こちらは昨日の新聞のキリヌキ。東京で暮らしていた時、ゴッホのひまわりを観た。あの記憶は今でも鮮明に頭の中に焼きついている。それが、今回は「自画像」がやって来る。しかも、他のルソーやセザンヌなのどの後期印象派を代表する歴史の珠玉がやって来る。他にもドガ、スーラ、ボナールともうこれは震える。
 昨年の暮れに観た、ワイエスもハンマースホイも震えるだけ震えた。この「オルセー美術館展」は今から少し震えている。会場に入った時、いったい自分自身が何を考えて原画の前に立つのか非常に興味深い。まだまだ先のことなのに・・・。